このページの本文へ

Tiger Lake-H世代のクリエイティブ/ゲーミングモデルはスゴイ

厚み16mm切りでデスクトップ級の性能を実現!Core i9-11980HK搭載ノートPCレビュー

2021年09月08日 11時00分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●ジサトライッペイ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

CPU性能はデスクトップPC向けのCore i7相当?

 ここからは実際の性能を検証していきたい。まずはTiger Lake-HのフラッグシップであるCore i9-11980HKのパフォーマンスは、デスクトップPC向けCoreプロセッサーと比べてどの程度のものなのかを見てみよう。そのために準備した検証環境は以下の通りだ。

リファレンスノートPCの主なスペック
ディスプレー 16インチ液晶(2560×1600ドット)
CPU Core i7-11980HK(8コア/16スレッド、最大5GHz)
グラフィックス GeForce RTX 3060(VRAM 6GB)
メモリー DDR4-3200、16GB×2
ストレージ 512GB SSD(PCI Express 4.0×4接続)×2
OS Windows 10 Pro 64bit(October 2020 Update)
比較用デスクトップPCの主なスペック
CPU インテル「Core i7-11700K」(8コア/16スレッド、最大5GHz)、インテル「Core i5-11600K」(6コア/12スレッド、最大4.9GHz)
CPUクーラー Corsair「iCUE H115i RGB PRO XT」 (簡易水冷、280mmラジエーター)
マザーボード ASRock「Z590 PG Velocita」(Intel Z590、BIOS 1.80)
グラフィックス ZOTAC「ZOTAC GAMING GeForce RTX 3060 Twin Edge OC」(GeForce RTX 3060)
メモリー G.Skill「Trident Z RGB F4-3200C16D-32GTZRX」(DDR4-3200、16GB×2)
ストレージ Corsair「CSSD-F1000GBMP600」(NVMe M.2 SSD、1TB)
電源ユニット Super Flower「Leadex Platinum 2000W」 (80PLUS PLATINUM、2000W)
OS Windows 10 Pro 64bit(May 2021 Update)

 まずは定番のCGレンダリングベンチマークソフト「CINEBENCH R23」の結果から見てみよう。マルチ/シングルスレッドテストともに10分以上回してからスコアー計測に入るモードで検証している。

CINEBENCH R23のスコアー

 今回、比較用デスクトップPCのCPUにあえて最上位のCore i9-11900Kではなく、Core i7-11700KやCore i5-11600Kを選択した理由はここに示されている。コア数ではCore i7-11700KやCore i9-11900Kと同じ8コア/16スレッドだが、Core i9-11980HKはTDPが65W(cTDPによりPL1は定格45Wではなく65W設定になっている。PL2は109W)に抑えられている。

 そのため、マルチスレッドもシングルスレッド性能もデスクトップPC向けのCore i5-11600K(TDP125W)よりやや劣る。これは約16mmというボディーの薄さも大いに関係しているだろう。そういった意味では、ノートPCでほぼデスクトップPC向けCPUに近い性能を発揮している点は素直に褒めるべきだろう。

 また、CPUの性能が最も影響しやすいのは動画エンコードや写真編集といったクリエイティブ系アプリの処理時間だ。そこで、次は動画エンコードソフト「Media Encoder 2021」で4K MP4動画を書き出す時間を計測する。動画素材は動画編集ソフト「Premiere Pro 2021」で編集した再生時間約3分の4K動画だが、これをMedia Encoder 2021にキュー出ししてエンコードした。エンコード設定はVBR/1パス、ビットレートは平均50Mbps。H.264とH.265それぞれの処理時間を比較する。

Media Encoder 2021によるエンコード時間

 結果はCINEBENCH R23よりもデスクトップPC向けCPUとの差が大きくなり、デスクトップPC向けCPUの半分程度のパフォーマンスであることが示された。CINEBENCH R23ではCore i5-11600Kに近いスコアーなのにエンコード時間がここまで長くなる理由としては、メモリーの動作がGear 2であることが考えられる。しかしながら、この性能が薄型ノートPCに搭載できると考えれば有用と考える人もいるだろう。

 RAW現像/写真編集ソフト「Lightroom Classic」を使った検証では、ライブラリーに読み込んだ61メガピクセルの調整付きDNGファイル100枚を最高画質のJPEGファイルに書き出す時間を比較する。書き出し時にシャープネス(スクリーン用、適用量標準)を付与しているので、このテストのCPU負荷もかなり高い。

Lightroom ClassicによるDNG→JPEG書き出し時間

 Media Encoder 2021ではH.264でほぼダブルスコアーで負けたCore i5-11600Kに勝ち、Core i7-11700Kにほど近い結果になった。CPU負荷が激しく上下するため、TDP65W制限が足枷になっていない(=デスクトップPC向けCPUはTDPの高さが活かせない処理である)ことが示されている。動画編集も苦手ではないが、どちらかといえばRAW現像や写真編集で輝くCPUと言えるかもしれない。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン