このページの本文へ

渋谷の新名所にコンディション良好の中古iPhoneが買える店がオープン!

2021年09月06日 10時00分更新

文● 村元正剛(ゴーズ) 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月2日、東京・渋谷に「CHOOSEBASE SHIBUYA」という新業態の商業施設がオープンしました。西武渋谷店パーキング館の1Fにあり、主にオンラインで販売するD2Cブランドなど全54社が出店しています。ECサイトで見た商品をここで実際に触れて購入を決めたり、ここで見かけて気になった商品を帰宅してから注文することも可能。オンラインとオフラインのいいところを融合させたショッピング体験ができる趣向です。

「CHOOSEBASE SHIBUYA」は、西武渋谷店ロフト館の隣、パーキング館の1Fにオープン

メインエントランスを入ってすぐにあるホールに、コンセプトが記されている。そこにあるQRコードを読み取ると、店内案内が表示されて便利

店内はグレーが基調で、どことなく洞窟っぽい雰囲気。一部の店舗を除けば、商品を説明するスタッフはいなくて、ゆっくり商品を見て回れる

 渋谷の新名所になりそうな「CHOOSEBASE SHIBUYA」で、なんと中古スマホも買えると聞き、さっそく見に行ってきました。

展示エリアは4つに分かれていて、中古スマホ店は、アパレルや雑貨など多くの店が出店する「BASE A」にある

 出店しているのは、伊藤忠商事グループのBelongが運営する「にこスマ」。中古スマホ販売のECサービスで、中古とは言え、コンディションの良い端末だけを取り扱っていることが特徴。Belongで買取をしているほか、伊藤忠商事グループで国内外に中古スマホの調達ルートがあり、そこから厳選したものだけを「にこスマ」で販売。具体的には、下記の3つの条件を満たす端末を「三つ星スマホ」として、取り扱っているそうです。

  1. SIMフリーまたはSIMロックが解除された端末で、ネットワーク利用制限もない
  2. 本体や画面に割れや欠けがなく、コンディションが良好
  3. iPhoneはバッテリー最大容量が80%以上。カメラやFeliCaなどの機能も問題なく使える

 端末のコンディションは独自の基準で3つのグレードに分けられて、それぞれ価格が異なります。ここでは、実機を見て触れて、その違いを確認できるわけです。

「にこスマ」のポップアップストア。取り扱い機種はiPhone 8とiPhone SE(第1世代)のみ

右からAグレード(新品同様)、Bグレード(実使用で付く微かなキズのみ)、Cグレード(多少キズが目立つ)のiPhone 8

 Cグレードと言っても、サイドフレームに若干キズがある程度なので、ケースに入れて使えば気にならないはず。「にこスマ」のサイトでも商品の状態を写真で確認できますが、実際に見るとより安心できますね。

 ほかの商品もそうですが、ここでは詳しい商品説明や値札さえなく、QRコードを読み取ると、商品の購入ページにアクセスできる仕組み。気に入ったら、ここで購入して持ち帰ることもでき、ここでは見るだけにして帰宅してから注文することも可能。さらに、ECサイトで注文してここで受け取ったり、ここで注文して自宅で受け取ることもできます。

気になる商品があれば、商品の横にあるQRコードを読み取ると、来店時用のカタログサイトの購入ページに進める

購入の際に使うQRコードを受け取るために、LINEアカウントまたはメールアドレスが必要になる

キャッシャーでQRコードを提示して、クレジットカードまたはPayPay、LINE Payで支払う。キャッシュレス決済専用で、現金では購入できない

商品の準備ができたら、LINEやメールで通知される。待ち時間はおおむね5分程度。すぐに現物を確認できるもの実店舗のメリット。「にこスマ」のECサイトで購入した場合と同様に1年間の無料返品交換保証も付く

「CHOOSEBASE SHIBUYA」のオンラインストアは9月1日にオープン済み。自宅にいながら商品をチェックして注文することも可能

 なお、「にこスマ」は、iPhoneだけでなく、Androidも含めて多くの端末を取り扱っています。ここで「にこスマ」の存在を知って、「にこスマ」のECサイトに導きたいという狙いもあるようです。

「にこスマ」のECサイトでは、iPhoneのみならず、Androidの人気機種も取り扱っている

 「にこスマ」のプロダクトマネージャー・大野正稔氏は「中古スマホは、まだ市場の5%程度。オンラインで購入することに抵抗がある人もいます。ここで実際に見ていただき、普通に使えるiPhoneが1~2万円台で買えるということを知ってもらいたいです」と話していました。「にこスマ」にとっては今回が初めての実店舗ですが、反響次第で長期的に出店したり、ほかの地域での展開も視野に入れているとのこと。

 「CHOOSEBASE SHIBUYA」を運営するそごう・西武の担当者によると、展示スペースや商品は変更されることもあり、半年単位でお店が入れ替える可能性もあるそうです。全体的に、女性向けの出店が多い印象でしたが、Googleの最新デバイスを体験できたり、ゆっくりコーヒーが飲めそうなカフェもありました。渋谷に出かけた際に、ショールームを見る感覚で、ふらっと歩いてみるのも楽しそうです。

Googleがプロデュースする「I DISPLAY music.」という特別ブースでは、Chromecast with Google TV、Google Nest Hubを体験でき、購入もできる。Adoとコラボレーションした映像を見たりもできる

「CHOOSEBASE SHIBUYA」が取り上げる最初のテーマは「サステナビリティ」。渋谷を訪れる人が、環境破壊が進み、地球や文化の「タイムリミット」が近づいていることに問題意識を持てる演出も。その1つとして、渋谷に絶滅危惧種の動物が出現した写真が展示されている

サブスクで冷凍スムージーを買える「WAKE」の実店舗もオープン

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン