このページの本文へ

2001年9月1日、渋谷にオフィスを開設

Google日本法人が20周年、AndroidやGmailが誕生した20年をブログで紹介

2021年09月01日 17時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Google Japan Blogより

 Googleは9月1日、Google日本法人が20周年を迎えることを記念して、これまでの20年間を紹介するブログと映像を公開した。

 同社は2001年9月1日、渋谷の共有オフィスの一角に、Googleとして初の海外拠点となるオフィスを開設した。当時はGoogleマップもGmailもYouTubeもAndroidもまだなく、日本では2000年から提供を開始したGoogle検索があっただけだった。

 携帯端末の普及に合わせて人々のライフスタイルがモバイルへと変化したことを受け、2006年にはGoogle検索やGoogle広告がモバイルに対応した。また、2009年にはAndoridが初めて搭載された携帯電話を発売。2018年にはGoogleのスマホ「Pixel」シリーズを日本で発表した。

 サービス提供開始直後はテキストでの検索だけの対応だったGoogle検索は、ウェブページ以外の画像や動画にも対応し、言葉による音声検索、そして今では鼻歌や口笛だけで楽曲を検索できる鼻歌検索の機能も提供している。

 Googleマップは、モバイルの普及にともない、ユーザーが目的地のほかに「今いる場所の周辺(現在)」を調べることが増えた。2008年に日本で提供開始したストリートビューでは、より詳細な周辺状況を確認でき、今では駅などの多層階の複雑な屋内施設もARでナビゲーションができるようになった。

 同社は、この20年間で働き方の変化にも対応してきた。Googleでは2014年にテクノロジーを活用したより柔軟な働き方で女性の活躍を支援していくプロジェクト「Women Will」を立ち上げ、2016年に国内のパートナー企業とともに実証実験を行ない、その結果を未来の働き方プレイブックとして公開。また、2017年から開始した、ビジネスの規模や地域などに関わらずデジタルスキル習得をサポートをする「Grow with Google」では、2022年までに日本で1000万人にデジタルスキルトレーニングを提供することを目指している。

 新型コロナウイルス感染症関連では、刻一刻と変化する状況下で信頼性の高い情報を見つけやすくする様々な取り組みをGoogle検索やGoogleマップ、YouTubeで行なっている。また、ワクチンに関しても、検索やマップで「コロナワクチン」と検索すると、概要をはじめ検索している場所付近で接種予約を行なっている医療機関の情報を提供している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン