このページの本文へ

楽天がNFT事業に参入 2022年春より「Rakuten NFT」の提供開始

2021年08月30日 14時40分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 楽天は8月30日、ブロックチェーン技術を活用した「NFT」(Non-fungible Token:非代替性トークン)の事業に国内で参入することを発表した。

 NFT事業の国内参入にともない、同社では2022年春より「Rakuten NFT」の提供を開始。

 Rakuten NFTは、ユーザー向けにはスポーツやエンターテインメントなど様々な分野におけるNFTを購入したり、個人間で売買したりすることができるマーケットプレイスを提供。

 またIPホルダー向けには、ワンストップでNFTの発行および販売サイトを構築することのできる独自のプラットフォームを提供するという(ブロックチェーンに関する専門的知見がなくても、自身で技術開発を行なうことなくNFTを発行・流通させることが可能)。

 なお、サービス内の決済には楽天IDを使用でき、楽天ポイントを貯めたり、使ったりすることも可能になる予定。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン