このページの本文へ

若年層ユーザーのプライバシーと安全性を守るため

Instagram、16歳未満の全アカウントをデフォルトで非公開に設定

2021年07月28日 16時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Instagramは7月27日(米国時間)より、Instagram上に作成される16歳未満(一部の国と地域では18歳未満)の全アカウントをデフォルトで非公開に設定する。

 今回、若年層のユーザーが安心安全にInstagramを活用しながら、Instagramで好きなこととつながるためのバランスを模索し、以下の3点の機能を発表した。

・若年層のユーザーをデフォルトで非公開アカウントに設定
・悪意がある可能性が高いアカウントから、若年層のユーザーを見つけにくくする
・若年層のユーザーへリーチする広告に関して、広告主が持つ選択肢を制限

 これまでInstagramでは、若年層のユーザーがアカウントを作成する際に公開および非公開を選択できるようにしていたが、最近の調査から多くの若年層が非公開アカウントを選択していることが判明。

 既にアカウントを公開に設定している若年層のユーザーには、非公開アカウントのメリットおよび公開から非公開アカウントに切り替える方法を説明する通知を表示。その際に、ユーザーが非公開に設定し直すか、必要に応じて引き続き公開設定にするかどうか、選択肢を提供するという。

 なお、機能の詳細についてはこちらから確認できる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン