Kasten K10の概要と、4.0リリースの新機能について紹介

Veeam、 Kubernetesデータ保護のKasten紹介ウェビナーを7月29日開催

ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Kubernetesデータ保護ソリューション「Kasten by Veeam」

 Veeamは7月29日に、オンラインセミナー「Kubernetesのクラウドネイティブなデータマネジメントのご紹介」を開催する。

 Veeamは、クラウド、仮想、物理のあらゆるワークロードについて、バックアップや保護、管理を可能にすることに重点を置いている。企業のKubernetes導入が加速するなか、コンテナ化されたワークロードのバックアップソリューション「Kasten by Veeam」によって、クラウドネイティブなデータ保護に対するニーズに対応する。

 本セッションでは、Kubernetesの構成要素や、仮想化の世界での活用方法を紹介する。その後、Kasten K10の概要と、4.0リリースの新機能やメリットについて説明する。また、Veeam Backup & Replicationの今後の展望についてもあわせて説明する予定。

Kubernetesのクラウドネイティブなデータマネジメントのご紹介

○日時:7月29日16時~17時
○講師:ヴィーム‍・ソフトウェア ソリューション‍・アーキテクト 高橋正裕氏
○参加事前登録:https://go.veeam.com/webinar-introduction-to-kubernetes-jp

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2020年
02月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2019年
01月
06月
10月
2018年
02月
04月