• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

最高82度までの画角に対応、ソフトウェアで細かい設定も可能

Sony STARVIS CMOSセンサー内蔵、ネイティブフルHD/60fps対応のウェブカメラ「FACECAM」がElgatoから登場

2021年07月16日 14時15分更新

文● 八尋 編集●ASCII

「FACECAM」

 CORSAIRは7月15日、Elgatoブランドの配信向けウェブカメラ「FACECAM」を発表した。価格は199.99ドルで、日本での発売時期は未定。

 FACECAMは、1080p/60fpsに対応するウェブカメラ。室内使用に最適化された「Sony STARVIS CMOSセンサー」を内蔵し、最小限のノイズでキャプチャー可能だという。レンズはガラス製の「Elgato Prime Lens」を採用し、18層の反射防止コーティングにより、透過率の向上、レンズフレアの防止、イメージのディテール保持を実現。加えて、IRカットフィルターにより、赤外線をブロックしてセンサーが混乱することも防止している。絞りはf/2.4、焦点距離は24mmとなる。

「Sony STARVIS CMOSセンサー」を内蔵

ガラス製のレンズを採用

1080p/60fps、1080p/30fps、720p/60fps、720p/30fps、540p/60fps、540p/30fpsに対応

 また、最高82度までの画角に対応し、接写だけでなく背景を取り入れることも可能。FACECAM内のISPは、ハイライトを強化するために最適化されており、影を自動的に補正し、カラーは新鮮でかつ自然な画質を実現するとしている。プライバシーシャッターも付属しているため、未使用時や離席時には物理的にカメラを遮断することも可能だ。

最高82度までの画角に対応

 さらに、ソフトウェア「CAMERA HUBアプリ」により、画角や明るさ、彩度、コントラスト、シャッタースピード、露出、色温度などを設定できるほか、自動モードに任せることも可能だ。加えて、Elgato Flash Memoryを内蔵しているので、すべての設定は直接FACECAMに保存されるため、デバイスを選ばず設定を即座に呼び出すことができる。

細かな設定が可能なソフトウェア「CAMERA HUBアプリ」

設定はオンボードメモリーに保存される

 そのほか、ディスプレー上に設置するだけでなく、1/4インチネジのスタンドにも取り付け可能だ。PCとの接続には、取り外し可能なUSB 3.0 Type-Cケーブルを採用する。サイズはおよそ幅79×奥行58×高さ48mm(マウントを含まない)で、重さは約96g。

1/4インチネジのスタンドにも取り付け可能

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう