このページの本文へ

国内外ゲーム業界の実態と動向を調査分析、データ年鑑「ファミ通ゲーム⽩書 2021」発売

2021年07月15日 11時40分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ⾓川アスキー総合研究所は7⽉15⽇、国内外ゲーム業界のデータ年鑑「ファミ通ゲーム⽩書 2021」を発売した。

 ⽇本国内と北⽶・欧州・アジア・中南⽶といった海外主要地域別のゲーム市場について、豊富な最新データと⼤規模なアンケート結果をもとに、ゲーム・エンターテイメント業界の最新動向をさまざまな⾓度から分析したデータ年鑑。

 「2020年の世界ゲームコンテンツ市場は⼤幅な伸⻑して前年比較およそ131.6%、20兆6417億円と推計」「国内ゲーム市場規模が2兆円を突破し、ゲームアプリはおよそ2/3を占める1兆3164億円」「国内ゲーム⼈⼝は調査開始以来初の5000万⼈を超え、家庭⽤ゲームユーザーが3割近く増加」といったトピックスを含む内容となっている。

 PDF(CD-ROM)+書籍セット版が7万7000円、書籍版が4万5100円、PDF(CD-ROM)版は3万9600円。書籍はA4判392 ページ。8月25日までに申し込むとPDF(CD-ROM)+書籍セット版を3万9600円で購入可能。また、電⼦版は主要電⼦書籍ストアにて7⽉20⽇発売予定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン