このページの本文へ

「全録KAIGIO」「KAIGIO MeePet」「満面KAIGIO」の予約受付を開始

ソースネクスト、リモート会議製品ブランド「KAIGIO」発表。専用カメラ・全録ソフトなど

2021年06月15日 19時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

リモート会議の新ブランド「KAIGIO」スタート

 ソースネクストは6月15日、リモート会議向け製品の新ブランド「KAIGIO(カイギオ)」を発表した。

 KAIGIOは「会議を、変えよう」を合い言葉に、会議のためのハードウェア、ソフトウェアを提案するブランド。同日より同社サイトでリモート会議アーカイブソフト「全録KAIGIO」ダウンロード版(Windows/9900円)、リモート会議専用機「KAIGIO MeePet(ミーペット)」(2万9700円)、会議室カメラ用ソフト「満面KAIGIO」(Windows/1万9800円)の2製品の予約の受付を開始した。

ラインアップと発売スケジュール

 満面KAIGIOと全録KAIGIOは、企業や教育機関、官公庁向けの法人ライセンスも販売。ソフトウェアライセンス管理の手間が軽減でき、通常製品よりお得な価格なため、コスト削減に役立つとする。

「KAIGIO MeePet」インターネットに接続すると初期設定が完了

 KAIGIO MeePetは、Zoom SDKを利用したオールインワンのリモート会議専用機。カメラやマイク、スピーカーなどを別途用意する必要がなく、初期設定はWi-Fi、またはLANケーブルでネットに接続するだけで使える。対応リモート会議システムは、Zoom、Microsoft Teams、Webex Meetings。

 タッチパネル操作で会議IDとパスワードを入力するとすぐ会議に参加できる。また、Outlookのアカウントを連携すれば予定表を読み込み、会議予定を表示できる。Zoomのアカウント連携も可能。予定ごとにZoomやMicrosoft Teams、Webex Meetingsの会議が混在していても共通の参加ボタンからそれぞれの会議に参加できる。

 会議の時間を知らせてくれるアラームや、HDMI出力、バーチャル背景などの機能を搭載する。また、5000mAhのバッテリーを内蔵し、Zoom会議の場合、連続でおよそ1時間30分から2時間程度、スリープモードを解除したメイン画面の待機状態では4時間程度、コンセントに接続せず利用できるとする。

アラームを出すタイミングは1~15分前から選択できる

HDMIで大画面に出力

 外部接続はイヤフォンジャック(4極ステレオミニプラグ)、有線LANポート、HDMI、USB Type-A×2、USB Type-C(充電専用)を備える。Bluetoothでイヤホンやキーボードを無線接続できる。無線LANの規格は802.11 a/b/g/n/ac。

「満面KAIGIO」今ある設備はそのまま、AIが自動でクローズアップ

 満面KAIGIOは、ウェブカメラ映像自動分割ソフト。AIによる顔認識テクノロジーでリモート会議の出席者をクローズアップし、最適な見え方にすることで、表情が伝わる会議を演出する。

人数や位置に合わせて自動最適化

ホワイトボードや商品などを固定して表示できる

 人数や位置に合わせて自動で画面を最適化し、人物が移動しても自動追尾する。ホワイトボードや商品などを固定して映すことも可能。対応アプリはZoomとMicrosoft Teams、Webex。今後Skype、Google Meet等も対応する予定。

「全録KAIGIO」Zoomの会議を自動で録画

 全録KAIGIOは、Zoom会議を自動録画するソフト。会議を自動で録画するだけでなく、スクリーンショットも自動生成するので、会議後の資料作成や共有、アーカイブとして活用できる。PCの映像と音声をそのまま録画・スクリーンショットをし、圧縮保存するため、PCで行なっているリモート会議なら何でも録画できる。

動画の編集機能

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン