実売価格は17万8200円前後

GIGABYTE、43型4Kゲーミングディスプレー「AORUS FV43U」

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「AORUS FV43U」

 日本ギガバイトは6月14日、AORUSブランドのゲーミングディスプレー「AORUS FV43U」について、日本での取り扱いを開始すると発表した。実売価格は17万8200円前後の見込みで、6月18日より発売する。

背面

側面

 AORUS FV43Uは43型で、解像度はUHD(3840×2160ドット)、応答速度は1ms(MPRT)、リフレッシュレートは144Hz。表示パネルの方式は量子ドットVAを採用しており、青色LEDバックライトの上に量子ドットを重ねることで、広色域、高輝度を実現し、より鮮やかな表示が可能としている。

 VESA DisplayHDR 1000認証を取得済みで、ゲームモード、ムービーモードと合わせて3 つのHDRモードを備え、調整も可能。DCI-P3色域を97%、AdobeRGB 色域を99%カバーする10ビットカラー(8bit+FRC)表示に対応。さらに、6軸カラーコントロール機能を備え、レッド、グリーン、ブルー、シアン、マゼンタ、イエローの6色を個々に調整できる。

 HDMI 2.1入力を2ポート搭載する。4K(120Hz)での映像出力にも対応し、プレミアムゲーミングPCや新世代ゲーム機の高画質表示が可能。Adaptive-Sync技術にも対応しており、ゲームやビデオの再生中にかたつきやティアリングを軽減する。

 サウンド面では、12W×2のステレオスピーカーを搭載。独自のサウンド強化技術(SPACE AUDIO)を採用し、ゲームやその他のエンターテイメントに合わせて5種類のモード(Standard、VSモード(格闘ゲーム)、FPS、Movie、Live Concert)を備える。

リモコンが付属

 VESA 200×200(mm)のマウント規格に対応しており、壁掛け設置などにも対応。リモコンが付属し、入力切替や音量調節、機能設定などを手元で操作できる。

 その他、ブラックイコライザー、エイムスタビライザー・シンク、ゲームアシスト、ダッシュボード、OSDサイドキックや、PiP/PbPやUSB Type-CによるKVM機能も搭載する。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月