このページの本文へ

ソニー、非接触ICカード技術「FeliCa」にスマホをかざして在席・退席等を打刻できる座席管理ソリューション「SEATouch」

2021年06月07日 17時15分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーは6月7日、非接触ICカード技術FeliCaを活用した座席管理ソリューション「SEATouch」の提供を発表した。

 SEATouchは、オフィスや教室等の各座席に設置されたFeliCaカードに、リーダー/ライター機能を搭載したスマホをかざすことでウェブページが立ち上がり、在席・退席等の状況を登録できるクラウドサービス。

 FeliCaカードにはQRコードが印刷されているため、リーダー/ライター機能非搭載のスマホでも利用可能。また、ウェブページにはPCからもアクセスができる。座席管理用のウェブページからは、今誰がどの席に座っているかをリアルタイムに確認することができるほか、事前に座席予約も可能。

 導入は100席から可能で、提供開始日は6月18日。サービス価格はオープンで、実売価格はひと月あたり5万5000円前後の見込み。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン