このページの本文へ

OKI、小型ATMを一般車両に搭載した「移動ATM車」を宮崎銀行へ納入

2021年06月03日 18時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 OKIは6月3日、宮崎銀行に一般車両搭載用の小型ATMを納入したと発表した。

 宮崎銀行は台風等の災害発生時のBCP(事業継続計画)対応強化を目的に、小型ATMを一般車両に搭載して移動ATM車として利用するとしている。

 一般車両搭載用の小型ATMは、従来のATMを3つのモジュール(基本部/通帳部/紙幣部)に分割し、無線対応を可能にしたもの。

 従来の大型トラック等を使った金融機関の移動店舗と異なり、ATMを市販の商用バンに搭載できるので、車両の改造や大型車両運転手の手配などが不要で、導入コストや維持コストを大幅に削減できる。

 さらに移動ATM車は大型トラックでは入れない狭い場所にも乗り入れることが可能で、災害発生時にもさまざまな場所で利用ができるという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン