このページの本文へ

AI機能により発言者を自動でクローズアップするインタラクティブホワイトボード「IdeaHub Pro」、アイ・オー・データより

2021年06月02日 16時30分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アイ・オー・データ機器は6月2日、AI搭載のインタラクティブホワイトボード「IdeaHub Pro」を発表。6月中旬に発売する。

 カメラ・マイク・スピーカーなどを本体に搭載した86型または65型の大型4Kタッチディスプレーで、ウェブ会議などに利用できる。ウェブ会議のほか、専用ペンや手書きによるホワイトボードやプレゼンテーション用ディスプレーなどとしても利用できる。

 本体は4Kカメラと12個のマイクを搭載しており、出席者の数と位置に基づいてカメラを自動的に設定する「オートフレーム機能」を搭載。「自動周辺ノイズキャンセリングAI」により音壁の内側の音を拾い、外側の音を遮断することも可能。さらに、声から発言者の位置を特定して自動的にクローズアップする「オートボイストラッキング機能」も搭載する。

 4Kカメラ搭載のIdeaHub Proは86型で159万5000円、65型で91万7400円。より手軽に導入できる「IdeaHub S」(1080pカメラを搭載)もラインアップする。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン