このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

AI天気で性能をチェック、エアフロー効率が高く安定動作

Ubuntu 18.04を採用しXeonとRTX 3090搭載、ディープラーニングに最適なPC「DEEP-TXAB-XW21-XAX」を試す!

2021年06月08日 11時00分更新

文● 株式会社Spectee CDO 岩井清彦 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

インテル® ™ Xeonプロセッサー搭載

「DEEP-TXAB-XW21-XAX」

 ユニットコムは、ディープラーニング向けの業務用パソコンブランド「DEEP∞」を展開している。各モデルには、OSに「Ubuntu」を採用しているほか、GPU Driver+NVIDIA Docker(Docker CE)の設定サービスも含まれているのが特徴。加えて、NGC(NVIDIA GPU CLOUD)の動作検証も実施しており、NGCへの登録や各コンテナのダウンロードのための利用マニュアルも付属している。

 私は、Specteeという会社で普段ディープラーニングやPythonの「scikit-learn」、「OpenCV」などを駆使して、画像処理、画像の解析、あるいは各種SNSの情報の解析といった作業を行なっており、普段から計算リソースを多く使用して仕事をしている。今回は、Xeon W-2223とGeForce RTX 3090を搭載する「DEEP-TXAB-XW21-XAX」を実際に試用する機会を得たので、どういったマシンなのかを紹介したい。

DEEP-TXAB-XW21-XAXの主なスペック
CPU Xeon W-2223(3.6GHz~3.9GHz)、4コア/8スレッド
グラフィックス GeForce RTX 3090 24GB
チップセット インテル C422(Supermicro MBD-X11SRA)
メモリー 32GB
ストレージ 1TB SSD(M.2接続/NVMe対応)
内蔵ドライブ
通信規格 1000BASE-T
電源 1200W 80PLUS PLATINUM認証 ATX電源
サイズ およそ幅222×奥行467×高さ510mm
OS Ubuntu 18.04.5 LTS

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ