このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信 第147回

CPUやメモリー、ストレージが強化され、Wi-Fi 6にも対応した新モデルが登場!

ファーウェイの10.4型タブレット「HUAWEI MatePad」はオン/オフに大活躍!

2021年05月31日 11時00分更新

文● 加藤肇、ASCII 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

HUAWEI MatePadをパワフルなスピーカーや
高画質のディスプレーで、コンテンツも楽しめる!

 続いては、HUAWEI MatePadで動画や音楽といったコンテンツを堪能する方法について見ていく。

横画面時の左右両側面に2つずつのスピーカーがあるため、縦でも横でもパワフルなステレオサウンドが楽しめる

 音楽再生や映像視聴の際に威力を発揮するのが、前述したクアッドスピーカーだ。スピーカーは、本体を横持ちした際の左右側面に2基ずつ、計4基装備されている。このスピーカーのサウンドチューニングはHarman Kardonが監修。またヘッドホン利用時はファーウェイ独自のサラウンド技術「HUAWEI Histen」により、没入感を高めてくれる。

サウンドのチューニングはHarman Kardonが監修している

 約10.4型の2Kフルビューディスプレーは、映像視聴や写真閲覧にも適している。スマホよりずっと大きな画面で楽しめるので、一家に一台あると満足度がグッと高まるはずだ。またこのディスプレーは、ファーウェイ独自の画像処理テクノロジー「HUAWEI ClariVu」を採用しており、鮮明かつ明るい画面表示を実現している。

休みの日に自宅で映像を楽しむなら、スマホより大画面なタブレットが断然オススメだ

 電子書籍の閲覧には、「eBOOK」モードを活用するといいだろう。画面をグレースケール表示にしてくれるもので、小説や新書などのテキストを読むのにピッタリだ。目への負担を和らげるブルーライトカットモードもあり、時間帯指定して自動でオン/オフを切り替えられる。

ブルーライトカットモードをオン(左)、オフ(右)にしたところ

 約7250mAhの大容量バッテリーも、エンタメ用途にはうれしい。フル充電の状態で、約12時間の動画再生や約65時間の音楽再生が可能。週末はタブレットでの動画や読書にには時間を忘れてのめり込んでしまうという人には心強いはずだ。

 HUAWEI MatePad(新モデル)は、ファーウェイ公式オンラインストア「HUAWEI STORE」のほか、家電量販店やECサイトなどで発売中。市場想定価格は3万3880円となっている。

ファーウェイ「HUAWEI MatePad」(新モデル)の主なスペック
ディスプレー 約10.4型IPS液晶
画面解像度 2000×1200
サイズ 約245×155×7.4mm
重量 約460g
CPU HUAWEI Kirin 820
(1×2.36GHz+3×2.22GHz+4×1.84GHz)
内蔵メモリー 4GB
内蔵ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大512GB)
OS EMUI 10.1(Android 10ベース)
無線LAN Wi-Fi 6
カメラ画素数 リア:約800万画素/イン:約800万画素
バッテリー容量 7250mAh
USB端子 Type-C
カラバリ ミッドナイトグレー
市場予想価格(税込) 3万3880円
 

キーボードやペンの同時購入で割引などのキャンペーン実施
すでにMatePadシリーズを持っているユーザーが対象のものも!

 ファーウェイ・ジャパンでは、「あなたも #MatePadではじめよう !」と題して、さまざまな特典付きキャンペーンを実施中。HUAWEI MatePadと記事内でも紹介したアクセサリー(HUAWEI Smart Keyboard/HUAWEI M-Pencil)のHUAWEI Storeでの同時購入で最大7500円の割引などが付いてくるほか(6月18日まで)、保証内対象製品の90日間延長保証や保証外対象製品の一部修理代金の割引(6月30日まで)、写真整理アプリ「Scene」の標準搭載を記念したフォトシールの無料クーポンプレゼント(先着2000名)などがある。すでにMatePadシリーズを持っているユーザーが対象のキャンペーンも用意されているので、ぜひチェックしてみてほしい。詳しくは以下のURLから(https://consumer.huawei.com/jp/community/details/topicId_30665/)。

   

提供:ファーウェイ・ジャパン

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
ファーウェイ・オンラインストア 楽天市場店