このページの本文へ

身近で簡単なMaaSの実現を目指す

LINEがMaaS事業へ本格参入、Azureのパートナー4社と共同プロジェクト

2021年05月14日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

LINEのAPIとMicrosoft Azureを活用したMaaSの普及拡大を支援するための共同プロジェクト

 LINEは5月14日、マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を活用し、全国各地のMaaS(Mobility as a Service)の普及拡大を支援する共同プロジェクトを開始した。

 LINEは、2020年11月にはモビリティーイノベーションを推進する「MONETコンソーシアム」に加入するなど、LINEのAPIを活用したMaaS領域におけるビジネスを検討してきた。また今回、LINEのAPIを活用した事例の紹介サイト「LINE API Use Case」上で、MaaSに特化した「新しい移動体験を、LINEで」というコンテンツを公開した。

 本プロジェクトは、Microsoft AzureのパートナーであるColorkrew、パーソルプロセス&テクノロジー、FIXER、MaaS Tech Japanの4社と共同で実施。LINEのUXとMicrosoft Azureのシステム構築力を活かし、オフライン領域のDXを実現するMaaSを普及拡大するために、LINEのAPIと「Microsoft Azure」を掛け合わせたMaaSの開発をワンストップで推進する。また今後、様々なサービス事業者との、MaaSと他業界を掛け合わせた新たな取り組み事例を創出していく。

 具体的には、LINEのAPIとMicrosoft Azureを活用したクライアント企業への共同提案・企画支援のほか、マーケティング支援、・MaaSサービサー向けソリューションの共同開発検討、サービス開発における技術支援などを予定している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン