このページの本文へ

まずは英語版で提供

Twitter、“投げ銭”できる新機能「Tip Jar」を発表

2021年05月07日 17時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

チップ機能「Tip Jar」が利用できるアカウントは、プロフィールにアイコンが表示される

 Twitterは5月7日、チップを渡したり受け取ったりできる、いわゆる“投げ銭”機能「Tip Jar」を発表した。現在、言語設定が英語のiOS/Android用アプリで利用できる。チップを受け取れるアカウントは、クリエーター、ジャーナリスト、専門家、非営利団体など一部の利用者に限られる。

 Tip Jarを利用できるアカウントのプロフィールには、フォローボタンの横にアイコンが表示される。アイコンをタップして決済サービスやプラットフォームを選択すると、選択したアプリに移動し、支援したい金額を入力できる。

投げ銭を送りたい人のプロフィールから決済サービスを選び、送金できる

 本機能はTwitterを通してではなく、Bandcamp、Cash App、Patreon、PayPal、Venmoといったサービスを通して直接決済する。Androidでは、スペース内でチップを送ることもできる。本機能を利用できるアカウントは段階的に拡大し、英語以外の言語も対象となる予定だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン