前へ 1 2 次へ

DRAMもNANDも製造するマイクロンだからできた品質の維持

堅実動作することに命を燃やすCrucialメモリー&SSDのラインアップ紹介

文●飯島範久 編集●ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前回、世界的半導体会社Micron Technologyが、実は日本とも深い関わり合いがある話をした。市況が著しく変化していることもありメモリーに使われるDRAMの日本での生産は、もうどこの企業も行なっていないと思いきや、いまだ日本で生産され、今後も投資していくという唯一の企業だった。


 そんなMicron Technologyのコンシューマー向けブランドである「Crucial(クルーシャル)」や「Crucial Ballistix(バリスティックス)」シリーズのラインアップを、自作ユーザーにとっては釈迦に説法かもしれないが、ご紹介していこう。

石橋を叩いて渡るぐらい確実動作させるメモリー製品

 Micron Technologyでは、1980年代から長年DRAMの製造を手掛けてきた。1996年にCrucialブランドを立ち上げたときには、自社製DRAMを採用した「Crucialメモリー」を販売。「自分のパソコンなら、自分でメモリーをアップグレードしてパフォーマンスを向上すべき」という信念のもと、業界初となるDDRメモリーを直接ユーザーへ販売するなど、ユーザーとの信頼関係を築き成長していくこととなる。

「Crucialメモリ」は、デスクトップ用、ノートPC用など豊富なラインアップ。写真はデスクトップ向け「Crucial DDR4 UDIMM」

 DRAMが自社製造であるメリットはいくつかあるが、いまのコロナ禍のような供給が不安定なときでも、供給量に左右されることなく、安定した品質のチップが手に入るところだ。そのため価格も大きく変動することなく、高い品質を維持しつつメモリーを安定して提供できる。

 高い品質にこだわっているのは、もともとエンタープライズ向けにDRAMを供給してきたため。エラー頻度も低く、長く使えるのが特徴だ。そのため「Crucialメモリ」シリーズは、堅実に動作することにこだわっており、市場に合った製品モデルを展開している。

 一方ゲーミング向けとして、「Ballistix by Micron」のブランドで製品展開をしてきたが、2020年に「Crucial Ballistix」とCrucialブランドの製品シリーズに移管。Crucialメモリーシリーズとは違い、メモリーチップからチューニングし、ハイパフォーマンスな製品シリーズとしてオーバークロックが可能。「Crucial Ballistixゲーミングメモリ」と「Crucial Ballistix MAXゲーミングメモリ」の2つのラインアップがある。

 前者には、ブラック、ホワイト、レッドという3タイプのアルミニウム製ヒートスプレッダーを装備したDDR4-2666~3600、容量は8GB、16GB、32GBの組み合わせのほか、LED搭載の「Crucial Ballistix RGB」(DDR4-3000~3600、容量は8GB、16GB、32GB)などがある。

ゲーミング向けブランド「Crucial Ballistix」。ヒートスプレッダーの色は写真のホワイトのほか、ブラックとレッドを用意

「Crucial Ballistix RGB」は、LEDイルミネーションを搭載したタイプで、ヒートスプレッダーの色は「Crucial Ballistix」と同じ3色が用意されているが、ラインアップは高速タイプに絞られている

 一方、後者はDDR-4000~5100といった、さらに高いクロックで動作するモデル。押出アルミニウム製ヒートスプレッダーを装着し、LEDを搭載した「Crucial Ballistix MAX RGB」(DDR-4000~4400)もある。容量は8Gと16GBの組み合わせだ。

「Crucial Ballistix MAX RGB」はLEDイルミネーション付きモデル。押出アルミニウム製ヒートスプレッダーはブラックのみで、LEDなしモデルにはDDR-5100も用意されている

 「Crucialメモリ」も「Crucial Ballistixゲーミングメモリ」も、永久保証というのもポイント。万が一のときの安心感とともに、Micron Technologyの自信の表われでもある。

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
2019年
09月
11月
2018年
01月
05月
10月
2016年
06月
09月
2015年
01月
02月
11月
2014年
03月
06月
2013年
04月