このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Apple M1搭載で大幅性能アップの「iPad Pro」&カラフル7色「iMac」特集 第16回

【実機レビュー】紫電一閃!iPhone 12の新色パープルを愛でる

2021年04月23日 12時00分更新

文● 山本 敦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPhone 12の新色・パープルの実機。上品な紫色のバックパネルが魅力的だ

 アップルが春のスペシャルイベントでiPhone 12/iPhone 12 miniの新色「パープル」を発表した。4月30日に発売を迎える6.1インチのSuper Retina XDRディスプレイを搭載するiPhone 12のパープルの実機をレポートしよう。

品格ただようiPhone 12/iPhone 12 minの新色「パープル」

 iPhone 12/iPhone 12 miniは2020年の秋に発売されたブラック/ホワイト/(PRODUCT)RED/グリーン/ブルーにパープルを加えた6色展開となった。新色のパープルは背面が淡いパステル調のカラー。背面全体はクリア仕上げの強化ガラスでカバーされているが、他のカラバリモデルと同様にカメラユニットのボックス部分だけを磨りガラス調の仕上げとしてリズムに変化を付けている。

ダブルレンズカメラのリングも紫色。ユニットボックスのガラスパネルをマット仕上げとしてデザインに変化を付けている

 航空宇宙グレードの強化アルミニウムを採用するサイドフレームのカラーは、もちろんパープルだ。金属素材が持つ素のままの輝きを活かしつつ、仕上げをマットフィニッシュにしたことでエレガントな風格を漂わせている。サイドに配置したボタン、Lightning端子の口も丁寧に統一感のあるパープルに揃えた。

航空宇宙グレードのアルミを採用するサイドフレーム。ボタンもパープルだ

底部のLightning端子の口まで徹底的にパープル

 フロントパネルには落下やスクラッチ傷に強い、ナノセラミッククリスタルとガラスによる新素材「Ceramic Shield(セラミックシールド)」をほかのiPhone 12シリーズと同様に採用する。透明度が高いパネルなので、新たに追加されたパープルのLive壁紙が鮮やかに映える。

フロントパネルは耐久性の高いCeramic Shield

アップル純正のMagSafe対応iPhoneレザーウォレット。ブラックとのコンビもクールにキマる

 新色パープルはiPhone 12/iPhone 12 miniのカラーバリエーションの中でも、トップクラスの高級感が魅力的だ。女性・男性を問わず持っていてサマになるし、フォーマルとカジュアルどちらの装いにも華やぎを添えてくれるだろう。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中