このページの本文へ

低遅延・高音質の赤外線通信システムを採用

オーディオテクニカ、楽器用ワイヤレスヘッドホン「ATH-EP1000IR」

2021年04月16日 18時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「ATH-EP1000IR」

 オーディオテクニカは4月23日、楽器用のワイヤレスヘッドホン「ATH-EP1000IR」を発売する。価格はオープンプライスで、実売価格は2万4000円前後となる見込み。

ケーブルレスで自由に演奏

 家で過ごす時間が増え、楽器を新しく始めたり、昔演奏していた楽器を再開する人が増えていることから開発された製品。独自デジタル処理により、0.001秒以下という超低遅延と高音質な通信が可能という赤外線システムを採用している。これにより、ケーブルレスで自由に演奏できるワイヤレスならではの利点を活かしながら、音の遅延や音質といったワイヤレスの懸念点も解消したとする。

音をデジタル変換するハイブリッド赤外線システムを採用

 また、セパレーションを高めた中低域、クリアな高域を実現する高性能ドライバーを搭載し、音作りは楽器の音が正確に聴こえるようフラットにチューニングしている。本製品を数台購入した際に2人以上で聴ける複数台同時接続や、充電が切れても使用できる有線接続にも対応する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン