このページの本文へ

オーディオテクニカの重低音が魅力のワイヤレスヘッドホン「SOLID BASSシリーズ」に新モデルが登場

2020年06月11日 10時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「ATH-CKS660XBT」

 オーディオテクニカは6月11日、重低音で好評のワイヤレスヘッドホン「SOLID BASSシリーズ」の新製品として、「ATH-CKS660XBT」「ATH-CKS330XBT」の2製品を発表。6月19日に発売する。

 両モデルともネックバンドスタイルを採用。最大20時間の連続再生が可能な省電力性能のほか、ゲームや動画に最適な低遅延モードや2台同時にワイヤレス機器と接続できるマルチポイントに対応。急な雨や水しぶきに耐えるIPX 2相当の防滴性能や、Siri/Googleアシスタントを呼び出せる操作ボタンを搭載。

「ATH-CKS660XBT」

 ATH-CKS660XBTはエンクロージャーに切削無垢アルミニウムを採用しており、高い質感と不要な共振を低減。専用設計の9.8mmドライバーや高精度磁気回路による高い重低音を再現できるという。

「ATH-CKS330XBT」

 ATH-CKS330XBTもメタルボディを採用し、専用設計の5.8mmドライバーを採用する。予想実売価格は、ATH-CKS660XBTが7920円前後、ATH-CKS330XBTが4950円前後の見込み。

「ATH-CKS330XBT」

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン