このページの本文へ

IoTデバイスをセキュアに接続し、導入・運用コストを削減「IoT Connect Gateway」

2021年04月06日 17時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は4月6日、IoTデバイスの導入・運用コスト削減とセキュアな接続を可能とするサービス「IoT Connect Gateway」を提供開始した。

 同社では従来、IoT/M2M通信向けのモバイルサービスを展開しており、2021年2月にはビジネスのグローバル展開を実現するIoT向けモバイル通信サービス「IoT Connect Mobile Type S」の提供を開始している。IoT Connect GatewayはIoT Connect Mobile Type Sなどのネットワークサービスと組み合わせることで、IoTシステムの構築・運用に関わる課題を解決する高付加価値なゲートウェイ機能を提供するという。

 IoTデータを受け取る側のクラウドサービスは、一般的にセキュリティー上の理由からデバイスとの通信をHTTPS/MQTTSなど暗号化されたプロトコルに制限しているが、このようなプロトコルへの変換(暗号化処理)には比較的性能の高いCPUが求められ、デバイスが高額化するといった課題があった。IoT Connect Gatewayではネットワーク側で暗号化処理を行なうことで、高い処理能力をもたないIoTデバイスでもデータ送信端末として利用可能となり、セキュアな通信を実現しながらコスト削減が可能になるという。

 また、IoTデータの蓄積にクラウドサービスを利用する場合はIoTデバイスにクラウドサービスへ接続するプログラムやパスワードなどの情報を設定する必要があり、IoTデバイスごとに設定が必要なことからデバイス数が増えるほど設定作業の負荷が膨大になっていた。IoT Connect Gatewayではクラウド接続時に必要な設定をネットワーク側で一括した実行が可能になり、大規模なIoTシステム構築・運用における作業負荷の軽減を図ることができる。

 利用料金は月間のデータ利用量に応じた段階制を採用。詳しくはNTT Com営業担当に要問い合わせ。

カテゴリートップへ

ピックアップ