このページの本文へ

「α7C」にピッタリ・サイズの3兄弟が登場!!

ソニーがαシリーズのフルサイズカメラ用小型軽量レンズ3本を発表

2021年03月24日 13時00分更新

文● アスキー・カメラ部 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーは3月24日に、αシリーズのミラーレスカメラ用Eマンウトのレンズを3本発表した。いずれも、単焦点の小型軽量モデルで、価格は3本ともに税込で約7万9000円で、発売は4月23日を予定している。

全く同寸の24mm、40mm、50mm
α7Cにピッタリのレンズなのだ

 発表となったのは、「FE 24mm F2.8 G」と「FE 40mm F2.5 G」、「FE 50mm F2.5 G」の3本で、35ミリフルサイズに対応し、ソニーのEマウントレンズとしては上位となる「G」シリーズである。

 すでに、単焦点レンズとしては最上位の「G Masterシリーズ」として、24mmF1.4、35mmF1.4、50mmF1.2などが発売または予定となっているが、今回の3本はその下の「Gシリーズ」としてのラインアップとなる。

 特に、フルサイズセンサーを内蔵しながら小型軽量を実現した「α7C」を意識したレンズで、小型軽量ながら「G」の写りを実現したものだ。

 高い解像性能と美しいボケ味、高い操作性に防塵・防滴設計で、インターナルフォーカスとなっている。また、AF駆動音を下げることにより、動作が静寂で、動画撮影でも利用できる。サイズと重さがほぼ同じなので、ジンバルやスタビライザーでレンズを取り替えても、この新レンズ3本なら、バランスの調整がしやすいことになる。

 レンズは3本ともに同サイズで、直径が68ミリ、長さが45ミリ、フィルター径は49ミリと小型で、重さは162、173、174グラムと軽い。24ミリで比べるとGMのF1.4は最大径75.4ミリ、長さは92.4ミリで445グラムもあるから、24mmF2.8は体積も重量も40%弱しかないことになる。

左が新製品の24mm F2.8で、右がGMレンズの24mm F1.4

 最短撮影距離は24mmF2.8がAF時24センチ、MF時18センチで最高0.19倍、40mmF2.5は28と25センチで最高0.23倍、50mmF2.5は35と31センチで0.21倍となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン