このページの本文へ

マネーフォワードがAWSと連携し「マネーフォワードFintechプラットフォーム」を提供開始 横浜銀行が第一弾として導入

2021年03月23日 17時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マネーフォワードは3月22日、アマゾンウェブサービス(AWS)を活用した、Fintechサービスの共通基盤である「マネーフォワードFintechプラットフォーム」の提供を開始した。

 マネーフォワードFintechプラットフォームは、金融関係サービスの資産データや決済データを蓄積・分析することでFintech企業をはじめとするパートナー企業の提供サービスと連携できる共通基盤である。

 AWSが提供するストレージや分析などができるサービスを活用して構築している。AWS上で構築することで効率的なAPIの管理や運用が可能になるほか金融機関とセキュアなデータ連携ができる。

パートナー企業・サービス

 マネーフォワードFintechプラットフォームの機能は、アカウントアグリゲーション基盤(X Business Aggregation)、データベース(X Cloud Storage)、データ分析基盤(X Insight Marketing)、ID/認証基盤、連携パートナーサービスとなっている。

 今回、第一弾として横浜銀行が法人向け無料会員制ポータルサイト「〈はまぎん〉ビジネスコネクト」に導入される。導入により、複数金融機関の口座データの一元管理が可能となる。

横浜銀行の導入イメージ

「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」配信のご案内

ASCII STARTUPでは、「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」と題したメールマガジンにて、国内最先端のスタートアップ情報、イベントレポート、関連するエコシステム識者などの取材成果を毎週月曜に配信しています。興味がある方は、以下の登録フォームボタンをクリックいただき、メールアドレスの設定をお願いいたします。

カテゴリートップへ

ピックアップ