このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

佐々木喜洋のポータブルオーディオトレンド 第62回

ポータブルのSP1000/SP2000でも利用可能に

意外と知らないRoonとDLNAの違い?

2021年03月22日 17時00分更新

文● 佐々木喜洋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

SP1000

 3月16日にAstell&Kernのデジタルオーディオプレーヤー「A&ultima SP1000」と「SP2000」の最新ファームウェア更新が行われた。いくつかの変更がなされているが、中でもオーディオ的視点で興味を引くのは、RoonReady対応になったことだ。これによって、家で使用しているPCとポータブルのデジタルプレーヤーを連携させて使うことができるようになる。

 しかしながら、勘の良い人は、Astell&Kernはすでに「AK Connect」機能によって家で使用しているPCとポータブルのデジタルプレーヤーの連携できた点に気がつくと思う。これはその通りであるが、それだからこそ興味深い点だとも言える。

 AK ConnectではDLNAという方式が使われていて、使用されているのはuPnPというプロトコルだ。それに対してRoonReadyではRAATというRoon独自のプロトコルが使用されている。つまり、それぞれ違う方式を試すことができるわけだ。ちなみに「RoonReady」という言葉はRoon方式(RAAT)の対応機種のような意味である。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン