このページの本文へ

KDDIと三井物産、ビッグデータとAIで都市状況の可視化と将来予測をする「次世代型都市シミュレーター」を開発

2021年03月19日 16時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは3月19日、三井物産と位置情報などのビッグデータやAIを活用し、人が移動する手段、時間、場所、目的を把握可能になる「次世代型都市シミュレーター」を開発すると発表した。

 本シミュレーターを活用した都市状況の精緻な可視化と将来予測のシミュレーションを通じて、スマートシティーの開発を支援すると共に5G・金融・MaaS・エネルギー・インフラを含む新たな事業創出を目指すとのこと。

 さらにKDDIは5G基地局や電気自動車の充電スポット、自動運転バスの停留所などの配置場所の検討や、自動運転ルートのシミュレーションなどにも取り組んでいく。

 au契約ユーザーから同意を得て取得した位置情報や国勢調査などの様々なビッグデータに、機械学習法のActivity Based Modelingを掛け合わせることで、AIが一人ひとりの移動を予測した上で地図に表示、都市内の人の動きそのものをモデル化する。このモデルを活用することで、人の移動の目的・手段・経路といった情報が可視化でき、数ヵ月かかっていた分析・予測を数時間から数分での実現を目指している。

 両社は3月から本シミュレーターの予測結果の正確性検証などを開始し、21年度中の事業化を目指しているとのこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン