このページの本文へ

-20度~300度の温度測定が可能

サンワサプライ、オートパワーオフ機能を搭載したサーモグラフィー発売

2021年03月10日 12時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サンワサプライは3月9日、非接触での温度測定が可能な、赤外線方式のサーモグラフィー「CHE-TG32」を発売した。価格は5万1480円。

 CHE-TG32は、測定したいものに触れることなく表面温度を測定でき、-20度~300度の温度測定が可能という。利用用途としては、接触による温度測定が難しいものや、高温になって接触が危険になる可能性がある場所の温度測定に適している。

 赤外線解像度32×32(1024)ピクセルの解像度タイプで、2.4型ディスプレーに測定結果を表示できる。また、測定対象物にあった放射率を0.1~1.0の間で調節が可能。

 電源方式は単三乾電池タイプで、連続動作は6時間と長時間使用できる。電源の消し忘れ防止対策として、一定時間、操作がないと自動で電源を落とす「オートパワーオフ機能」を搭載している。

 本体には、三脚用取付穴が付いており、別売りの三脚に固定して測定できる。

 サイズは、幅62×奥行き95×高さ212mm。重量はおよそ320g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン