このページの本文へ

ASCII Power Review ― 第115回

新「VAIO Z」5Gモデル実機レビュー = 35W版Tiger Lakeを搭載したハイエンド・モバイルPCだっ!!-倶楽部情報局

2021年02月24日 18時00分更新

文● ASCII倶楽部編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。

 本日は、ASCII倶楽部の人気記事「新「VAIO Z」5Gモデル実機レビュー = 35W版Tiger Lakeを搭載したハイエンド・モバイルPCだっ!!」を紹介します。


 「VAIO Z」が復活した。最後のVAIO Zが発売されたのが2016年2月。それ以降、このハイエンドモデルの新機種についてまったく音沙汰がなく、実に5年もの月日が経過したわけだが、満を持して大復活を遂げたのである。

 今回のコンセプトは「フラッグシップモバイル」。フルカーボンボディーを採用することにより14型で1kg切りの軽量ボディーを実現しつつ、TDP35WのインテルHプロセッサーでハイパフォーマンスを発揮。「パワーウェイトレシオ」的指標で見れば、間違いなくトップクラスのマシンなのだ。

「VAIO Z」個人向けカスタマイズモデル:26万700円~、個人向け標準仕様モデル:30万9800円~(税込み)

VAIO Zの断面図。PCの主要部を覆うすべての面構造をカーボンファイバーで実現。コの字、V字の曲げ形状により高剛性が確保されている

TDP35WのHプロセッサーを搭載して、重量は1kg切り!

 VAIO Zの店頭モデル(個人向け標準仕様モデル)には下記の3機種が用意されている。

●VJZ14190111B(税込39万9800円)
Core i7-11375H+RAM16GB+SSD512GB+14型4K+5G対応

●VJZ14190211B(税込32万9800円)
Core i7-11375H+RAM16GB+SSD512GB+14型フルHD

●VJZ14190311B(税込30万9800円)
Core i5-11300H+RAM16GB+SSD512GB+14型フルHD

 CPUはインテル第11世代、Tiger Lakeの35W仕様のCore H35モデル「Core i7-11375H」(4コア8スレッド、3.30~5GHz)または「Core i5-11300H」(4コア8スレッド、3.10~4.40GHz)を採用。メモリー(RAM)はすべて16GB(LPDDR4x)をオンボードで搭載。ストレージはPCI Express Gen 4.0 x4接続の512GB SSDが採用されている。

 ディスプレーは14型ワイド(16:9)で、4K液晶(3840×2160ドット、アンチグレア)とフルHD液晶(1920×1080ドット、アンチグレア)を用意。なお4K液晶のみ色域がDCI-P3カバー率99.8%で、HDR(ハイダイナミックレンジ)表示に対応する。

 インターフェイスは、Thunderbolt 4(USB Power Delivery、USB 4、DisplayPort 1.4、5Vアシスト充電)×2、HDMI×1、3.5mmヘッドセット端子×1を装備。無線通信はWi-Fi 6(11ax)、Bluetooth 5.1をサポートし、最上位のVJZ14190111Bは5G通信にも対応する。SIMタイプはnanoSIMで、国内主要3キャリアのモジュール認証を取得している。

 生体認証は、電源ボタン一体型指紋認証センサーと顔認証カメラを全モデルにダブルで搭載。しかも電源ボタン一体型指紋認証センサーは、ファーウェイ製ノートPCと同様にシャットダウン時に押した瞬間指紋を読み取れる。Windows 10が起動してから再度押す必要がないお手軽仕様だ。

 本体サイズは約320.4×220.8×12.2~16.9mmで、重量はVJZ14190111Bが約1059g、VJZ14190211Bが約982g、VJZ14190311Bが約958g。バッテリー容量は53Whで、バッテリー駆動時間は4K液晶モデルが約17時間、フルHD液晶モデルが約34時間と謳われている。

 なお、個人向けカスタマイズモデルをソニーマーケティングから最小構成26万700円で、VAIOから「パソコンあんしんサポート」含めて最小構成27万2580円で購入可能。OS(Pro/Home)、CPU(i7-11370H/i5-11300H)、メモリー(32GB/16GB/8GB)、ストレージ(2TB/1TB/512GB/256GB)、ディスプレー(4K液晶/フルHD液晶)、5G(搭載/非搭載)、キーボード(英語配列/かな文字あり日本語配列/かな文字なし日本語配列)、TPM(搭載/非搭載)ときめ細かくカスタマイズできる。

 さらに、ボディー全面にカーボンファイバーの繊維目を生かした特別な塗装を施し、最大5GHzの「Core i7-11375H」を標準搭載する「VAIO Z | SIGNATURE EDITION」をソニーマーケティングが最小構成35万4200円、VAIOが最小構成36万80円で販売する。さらにスペシャルなVAIO Zをゲットできるわけだ。

本体天面。上部に5G、Wi-Fiのアンテナが2本ずつ、パームレスト部に5Gのアンテナがさらに2本内蔵される

本体底面。剛性を高めるためかネジの数が多めだ

4K液晶のみHDR、DCI-P3カバー率100%に対応。ただし、フルHD液晶は省電力性に優れている

キートップには防汚性、耐指紋性を強化したフッ素含有UV硬化塗装が、パームレストには数十種類の材料をブレンドしたVAIO専用の耐指紋性を備えた塗料が使用されている

本体前面と本体背面

本体右側面にHDMI×1、Thunderbolt 4×1、本体左側面にセキュリティーロックスロット、Thunderbolt 4×1、3.5mmヘッドセット端子×1を配置。両側面にThunderbolt 4を配置するとメインボードの設計難易度が上がるが、両側から給電できる使い勝手にこだわったとのこと

貸出機は本体とACアダプターのみだが、製品にはクリーニングクロスが付属する

同梱されるACアダプター「VJ8PD65W」。半導体GaNを採用することで、出力を60%増やしつつ、体積・重量ともに約30%減と小型軽量化を実現。また抜き差ししやすいように、プラグ部にテーパー形状がつけられている

ACアダプター「VJ8PD65W」の仕様は、入力100-240V~1.5A、出力5V 3A、9V 3A、15V 3A、20V 3.25A、容量65W

4K液晶ディスプレーを搭載する今回の貸出機の実測重量は1046.5g

ACアダプター「VJ8PD65W」の実測重量は161.4g

のぞき見防止フィルターが必要なほど、鮮やかなディスプレー

 今回VAIOより、Core i7-11375H+RAM16GB+SSD256GB+14型4K+5G対応という構成のカスタマイズモデルを借用した。14型4K液晶ディスプレーはHDRと、DCI-P3カバー率99.8%の色域に対応しているだけに、階調はきめ細かく、発色は鮮やか。視野角は公表されていないが、かなり深い角度からでもなにが映っているのかはっきりわかるぐらいだ。機密性の高い情報を扱うのなら、ベゼルと液晶の間にはめ込める「専用のぞき見防止フィルター」がお勧め。脱着が可能で、視野角を60度に制限し、ブルーライトを60%カットする効果も得られる。

動画を色調整する際にはDCI-P3カバー率99.8%の4K液晶ディスプレーが重宝する

ご覧のとおり、ほとんど真横からでも画面になにが映っているのか判別できる。のぞき見防止フィルターは必須だ

ディスプレーは最大180度まで展開可能。視野角の広さを生かし、対面の人と一緒に画面を見ながら操作できる

VAIOノートでおなじみのリフトアップヒンジ機構を採用。パームレストと机の段差の小さい「無限パームレスト」も継承されている

 キーボードユニットも従来のVAIOシリーズから刷新。キーストロークを1.2mmから1.5mmに深くして、キーストロークの安定性と作動力を改善。またキートップに深い凹形状が設けられている。さらにパンタグラフの材料を見直すことで、静音性を向上。長時間快適、かつ控えめな音でテキスト入力できるキーボードに仕上げられている。

キーピッチは約19mm

キーストロークは約1.5mm

新型キーボードはキーボードバックライトの構造を見直し、光むらを低減している

タッチパッドのサイズは実測約110×62mm(クリックボタンを除く)。高解像度ディスプレーの操作性を向上させるため、タッチパッドは従来モデルから190%大型化されている

 生体認証システムとして、電源ボタン一体型指紋認証センサーと顔認証カメラの両方を搭載しているのはやはり便利。利便性では顔を向けるだけの顔認証カメラのほうが上だが、強い太陽光下では認識しづらいことがある。確実さでは指紋認証センサーに軍配が上がる。さらに前述のとおり、VAIO Zの電源ボタン一体型指紋認証センサーはシャットダウン時に押しても指紋を読み取れる。スリープからは顔認証カメラ、シャットダウンからは電源ボタン一体型指紋認証センサーと使い分けるといいだろう。

 なおディスプレー上部の人感センサーと顔認証カメラを組み合わせることで、VAIO Zの前に座るだけで復帰・ログオンする「着席オートログオン」、席から離れるとVAIO Zをロックする「離席オートロック」、VAIO Zの前にいればスリープやスクリーンセーバーの起動をストップする「在席ノーロック」機能も実装されている。

BIOS起動時認証もワンアクションログオンに対応

ディスプレー上部には約207万画素のウェブカメラ、デュアルマイクを内蔵。ウェブカメラを物理的にふさぐカメラシャッターも装備

これは約207万画素のウェブカメラで撮影した写真。暗い室内で撮影する際には補助ライトがほしいところ

シャットダウン時に指紋を読み取る設定はデフォルトで無効になっている

PCIe Gen 4x4接続SSDにより、驚異のリード6000MB/s超え


 続きは「新「VAIO Z」5Gモデル実機レビュー = 35W版Tiger Lakeを搭載したハイエンド・モバイルPCだっ!!」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定です。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が更新されております! さらに、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額 税込1080円
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explorer 11※Edgeは除く , Google Chrome最新版 , Firefox最新版
(Mac)Safari最新版

【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1329(2021年4月6日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1328(2021年3月30日発行)

  • 週刊アスキー No.1327(2021年3月23日発行)

  • 週刊アスキー No.1326(2021年3月16日発行)

  • 週刊アスキー No.1325(2021年3月9日発行)

  • 週刊アスキー No.1324(2021年3月2日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事