GIGABYTE、全モデル2.5G有線LANとWi-Fi 6対応したZ590/B560チップセットを搭載ゲーミングマザーボード4製品

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GIGABYTEは2月15日、インテルZ590/B560チップセットを搭載したマザーボードの新モデルとして、4製品を発表した。2月19日から国内正規代理店を通じて発売する。

 「Z590 AORUS PRO AX」は、ゲーミング向けの機能を備えたAORUS ATXシリーズの上位モデル。Smart Power Stage 12+1フェーズ・デジタル電源設計やFins-Array IIヒートシンクを備え、4連 M.2 スロット(全 M.2 Thermal Guard付き)。背面にUSB 3.2 Gen.2x2 Type-C、フロントパネル用にUSB 3.2 Gen.2 Type-Cヘッダピン、2.5GbE有線LANとWi-Fi 6対応無線LANを装備。価格はオープンプライスで、実売予想価格は4万円前後の見込み。

Z590 AORUS PRO AX

 「Z590 AORUS ELITE AX」はゲーミング向けスタンダードモデル。 DrMOS 12+1フェーズ・デジタル電源設計や、高音質オーディオを備え、3連M.2スロット (2連M.2 Thermal Guard付き)、背面にUSB 3.2 Gen.2x2 Type-C、フロントパネル用にUSB 3.2 Gen.2 Type-Cヘッダピン、2.5GbE有線LANとWi-Fi 6 対応無線LANなどを装備。実売予想価格は3万3000円前後の見込み。

Z590 AORUS ELITE AX

 「Z590 VISION G」はクリエイター&ゲーミング向けのモデル。DrMOS 12+1フェーズ・デジタル電源設計と大型ヒートシンク、高音質オーディオを備え、4連M.2 スロット(全M.2 Thermal Guard付き)やUltra Durable PCIe アーマー、2.5GbE有線LAN、リア&フロントパネル用のUSB 3.2 Gen.2x2 Type-Cを搭載、。DP_In機能を備えたVisionLINK対応のUSB Type-C端子など、クリエイティブおよびゲーミング用途に適した機能を搭載。実売予想価格は3万3000円前後の見込み。

Z590 VISION G

 「B560M AORUS PRO AX」はMicro ATX版のゲーミングマザーボード上位モデル。DrMOS 12+1フェーズ・デジタル電源設計と大型ヒートシンク、高音質オーディオを備え、2連M.2スロット(1スロットM.2 Thermal Guard付き)、背面にUSB 3.2 Gen.2x2 Type-Cポート、2.5GbE有線LAN、Wi-Fi 6対応無線LANなどを備える。実売予想価格は2万2000円前後の見込み。

B560M AORUS PRO AX

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月