このページの本文へ

高画質プロセッサー「X1 for Crystal LED」を新たに搭載

ソニー、高画質LEDディスプレー「Crystal LED」2シリーズを発表

2021年01月26日 19時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーは1月26日、高精細な映像を自由な形状とサイズで表現できるCrystal LED Cシリーズ「ZRD-C12A」「ZRD-C15A」とBシリーズ「ZRD-B12A」「ZRD-B15A」のリリースを発表した。Cシリーズは、100万:1の高コントラストで豊かな階調表現を、Bシリーズは低反射コーティングにより明るい環境下においても反射を抑えた高輝度で広い色域を、それぞれ特徴としている。

 本製品は、従来のCrystal LEDで培った独自のLED制御技術と、ソニー製テレビ・ブラビアの信号処理技術を融合させた高画質プロセッサー「X1 for Crystal LED」を新たに搭載した。また縁なしのキャビネットを組み上げて大画面を構築するため、使用用途や設置場所に合わせて画面の大きさや縦横比率を自由に構成した大画面を使用可能。くわえて、フロントからのアクセスが可能な保守性の高さや低消費電力による長寿命化など、従来製品に比べ導入費用とメンテナンス費用の大幅な軽減を実現したとしている。

 Bシリーズ、Cシリーズともに電源はAC100-240Vに、入力信号はHDR、HFR(120fps)、3Dなどに対応。価格はオープンで、発売は2021年夏を予定している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン