このページの本文へ

「丸亀製麺」のおいしくて耳よりなハナシをもっと知りたい! 第8回

「裏ワザ牛丼」や「だし茶漬け」に「つけ麺風カレーうどん」などなど

丸亀製麺の「裏ワザ」アレンジいくつ知っている?

2021年01月30日 11時00分更新

文● ナベコ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ごきげんよう、アスキーのナベコです。「丸亀製麺」は打ち立ての讃岐うどんをセルフ形式でお手軽に楽しめる人気のチェーンです。かけうどん、ぶっかけうどん、釜揚げうどん、などさまざまなメニューを選べますが、さらに工夫次第で“裏ワザ的”アレンジも楽しめちゃいます。

 丸亀製麺の中の人にとっておきのアレンジを教えてもらいました。

1つで「肉ぶっかけうどん」と「肉うどん」の両方を楽しむ

 丸亀製麺には「だしサーバー」を設定している店舗があります。だしサーバーがある店舗なら、店員さんに言わなくてもかけだしを使いたい放題。おだしの後がけやちょい足しも可能です。

「だしサーバー」のかけだしを別の器に入れて、おうどんと肉を加えれば「肉うどん」に

 例えば、牛肉をトッピングした濃厚な「肉ぶっかけうどん」もいいけど温かいおだしがたっぷり入った「肉うどん」も捨てがたい、そんな時には「肉ぶっかけうどん(温)」を注文して、ぶっかけだしの濃厚な味わいを存分に楽しんだうえで、無料のかけだしを追加すれば「肉ぶっかけうどん」「肉うどん」の両方が楽しめます。

1つの注文で両方楽しめる

(注文したメニュー)
「肉ぶっかけうどん」並590円(税込)~
※一部取り扱いのない店舗もあります。

実は「牛丼」が作れちゃうんです!

 丸亀製麺の「肉ぶっかけうどん」「肉うどん」は甘く煮込んだ牛肉、玉ねぎがどーんっとのっていて具だくさん。「天丼用ごはん」を追加で頼んでお肉の具材をのせ、さらに追加の「生玉子」を落とせば、オリジナル“牛たま丼”の出来上がりです。

「肉ぶっかけうどん」は具材たっぷりなので、ご飯にのせてもインパクト。

 濃いめのだしがきいた牛肉、玉ねぎは家庭的な優しい味付けでごはんが進みます。パンチが欲しい場合は卓上のだししょうゆで整えていくといいでしょう。うどんも食べたいし、がっつり牛丼も食べたい時にオススメ。

記者もオススメ。がっつり食べたい時に!

(注文したメニュー)
「肉ぶっかけうどん/肉うどん」並590円(税込)~
「天丼用ごはん」140円(税込)
「生玉子」70円(税込)
※「肉ぶっかけうどん/肉うどん」は一部取り扱いのない店舗もあります。

丸亀製麺の創業者もオススメ!ツウの釜玉うどん

 茹で上がった麺を、釜から直接どんぶりへ。すばやく生玉子を混ぜ、だししょうゆをかけていただく「釜玉うどん」は、讃岐の定番です。もちろん丸亀製麺でも人気メニュー。

 丸亀製麺の創業者である粟田貴也氏もオススメの「釜玉うどん」の食べ方は、だししょうゆをどんぶり2周半まわし入れ、黄身を割って混ぜ合わせて、まずは醤油と玉子のマリアージュを堪能して、半分ほど楽しんだら次に溶き玉子うどん風にアレンジ。

だししょうゆは2周半回しかける

 玉子の絡んだ「釜玉うどん」にだしサーバーのかけだしをかけると、玉子に熱が加わりふわふわ。うどんと玉子の一体感が楽しめる、ツウ好みのうどんとしていただけます。

かけだしを加える

うどんのおいしさが引き出され絶品です

(注文したメニュー)
「釜玉うどん」並370円(税込)~

釜玉うどん、湯切りナシで

 「釜玉うどん」は湯切りナシで頼むこともできます。

見た目にわかりづらいですが、湯切りしておらず釜湯がついています

 麺の表面には釜湯が付いている状態で、通常の釜玉よりしっとりした感じ。無料の天かすをトッピングして混ぜると、釜湯の塩気や天かすの風味でそのままでもおいしくいただけます。

天かすを加えて混ぜると、しょうゆをかけずともおいしい!
 

 「明太子おむすび」を一緒に頼んで具の明太子をちょっとおうどん加えてもアクセントになって食べ進みがよいです。丸亀製麺のおむすびは、上の部分と内側の両方に具が入っていて具だくさんなため、おむすびとして楽しみながらうどんに具を足すこともできるのです。

明太子おむすびの具を加えるのもオススメ

(注文したメニュー)
「釜玉うどん」並370円(税込)~
「明太子おむすび」140円(税込)

「カレーうどん」をセパレートで頼める

 「カレーうどん」は通常だと“カレーだし”にうどんが入った状態で提供されますが、注文時にお願いすると、うどんとカレーだしを別々にして提供してもらえます。

 つけ麺のようにうどんをカレーだしにつけていただくと、うどんのもちもちした弾力をより楽しめます。ほどよくスパイスのきいたカレーは、とろみを抑えたさらさらタイプ。“激辛”とは言いませんが“中辛”くらい。食べ進めていくと汗がにじんできます。途中から、うどんをすべてだしに加えて食べ方を変えていくのもいいでしょう。

うどんのもちもち食感をより楽しめる

 さらに、だしサーバーのかけだしを加えるとカレースープにも。寒い日に温まります。

(注文したメニュー)
「カレーうどん」並490円(税込)~

たった140円のだし茶漬け

 「おむすび」にだしサーバーのかけだしをかければだし茶漬けにアレンジができます。なお、だしサーバーを設置していな店舗でも注文口で頼めば無料でかけだしをかけてもらえます。

たった140円!

 「明太子おむすび」にかけだしを加えればピリリとした明太子の刺激が楽しめて、2日酔いの日にもききそうな一杯に。さらに、無料のわさびを加えると大人なテイストになります。

(注文したメニュー)
「明太子おむすび」140円(税込)

丸亀製麺は自分好みにカスタムできる!

 今回ご紹介したアレンジはごくわずかで、ほかにも「天丼用のごはん」に無料の天かすをのせた天かす天丼にできたり(たった140円で味わえちゃう。本当にいいのでしょうか)、釜揚げうどんのつけつゆをそば湯のように飲めたり、通えば通うほど自分好みのアレンジを探求できるのが丸亀製麺の魅力。

 お近くの丸亀製麺でうどんのアレンジを試してみてはいかがでしょうか!

■関連サイト

(提供:丸亀製麺)

カテゴリートップへ

この連載の記事
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧