このページの本文へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” 第696回

ソニー「α7C」とシグマのレンズで猫を撮ったら相性良すぎで驚いた!

2021年01月20日 10時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

そろりそろりと歩く姿を体をひねりながら撮影。AF-ONボタンを押して猫瞳AFを働かせながらタイミングを見計らって撮るのである。実に楽しい。レンズはシグマの65mm F2 DG DN。2021年1月 ソニー α7C

 2021年1月2日。どうも元日に自転車で走り回ったら気持ち良かったようで、新年早々2日連続自転車散歩である。ちょっと郊外に向かって裏道を自転車で走るってのはなかなか快適で良い。空気も澄んでて綺麗だし、街全体がそこはかとなく静かなのも良い。のんびり走り、猫の姿を見つけたら、ちょっと手前で止めてそっと近づく。猫の方も自転車が止まって人が出てきたら絶対に気付くので、こっちも慌てない。逃げ腰の猫を撮っても楽しくないからね。それに民家の庭先だったりすると、不用意に撮れない。そういうときは時の流れを緩めてゆったり待つ。すると猫の方が好奇心に負けて出てきたりするのだ。

道路ギリギリまで出てきてこっちを気にしてるハチワレ。猫にじっと観察されてる感。2021年1月 ソニー α7C

 今回のカメラはソニーの「α7C」。2020年の秋に発売された、α7シリーズの末弟というか、Vlogなどの動画も念頭においた小型モデルなのだけど、小さいので自転車で運ぶにはすごく良いのだ。性能的にも末弟的なのだが、価格も手頃だし(約19万円)、何より携帯性が高い。高性能で太くて重いレンズよりも、コンパクトで軽いレンズをつけて楽しくスナップを撮るのに向いてる。で、せっかくだから猫と一緒に撮ろうと思ったらのぞき込まれてしまったの図だ。

α7C(標準ズームレンズ装着)とハチワレ。フルサイズセンサー機とは思えないコンパクトさが良い。大きくはないけどファインダーもちゃんとついてる

 この白黒の猫は、とある団地の猫。以前、この団地で猫を見かけたことがあるので、いるかなーと思って足を伸ばしてみたのだ。でも広大な団地のこと、そうそう見つかるものじゃない。時間はあるし天気もいいしってんでのんびり歩いてると、なんてことない道端にしゃがんでる女性を発見。「あ、猫かも」とそっと見てみると、そこにハチワレがいたのである。

 新年早々不審者扱いされるのも嫌なので一声かけて一緒に猫と遊ばせてもらう。この団地に祖母が住んでいて遊びにいく途中だという。話をしながら猫と戯れていると、別の人がやってきて猫に挨拶をしていく。どうやら団地ではなじみの猫らしい。正月だから出歩く人も少なく猫も使われなくなった駐車スペースでのんびりゴロゴロしてる。

ひととおり遊んだ後はアスファルトの上で気持ち良さそうに転がってた。アスファルトの凸凹が背中に気持ちいいのだ。地面すれすれで撮影。これは35mm F2 DG DNで。2021年1月 ソニー α7C

 良いですなあ。耳もカットしてあり(去勢手術済みの証)、きちんと世話されてるんだろう。

ゴロゴロが終わって座り直したハチワレ。ここ、かつての駐車スペースで今は入れないよう囲ってあるので猫には最適なのだ。2021年1月 ソニー α7C

 そうそう今回の写真は、標準ズームレンズではなく、シグマの35mm判換算F2 DG DNと、65mm F2 DG DNを使って撮影してる。これがまた写りが良くて、程よい大きさでα7Cにピッタリなのである。

ソニーのα7Cにシグマの65mm F2 DG DNという組み合わせ。写りだけでなく金属製の質感や絞りリングを搭載してるとこが良い。α7シリーズはサードパーティのレンズが充実しているのも魅力

ブラッシングされて気持ち良さそうな黒の長毛。何の抵抗もなく身を委ねるくらいおなじみの様子。2021年1月 ソニー α7C

 この日は猫運があったのか他の場所でも遭遇。農家の入り口あたりで2匹の猫が日向ぼっこしてたのだ。

バリアングルモニターを開いてローアングルで撮影。まだ子猫っぽい。後ろに見える農家で世話してるんだろか。2021年1月 ソニー α7C

 警戒されていたので座ってじっとしてると、うしろの方から別の猫がわたしを遠巻きにしながら近づいてきた。いや、近づいてきたと思ったら、そっと距離を取って脇を抜けていく。気になるけど近づくのは怖いって時のパターンだ。その抜き足差し足っぷりが良かったので、猫瞳AFを発動させてそっと撮影したのが冒頭写真だ。

 さらに、そろそろ帰ろうかと走っていると、大規模な公共工事のせいか少し土地が削られて剥き出しになった屋敷神のほこらを発見。青空と小さなほこらのコントラストが良かったので自転車を止めると、なんかいる! 冬の低い日差しがほこらにいい感じに差し込んでいて暖かいからか、猫が寝てたのだ。もう猫のためにあるのではないかというようなぴったりサイズで思わずカメラを向けたのである。ちょっと遠かったけど、青空とほこらと猫といういい写真が撮れた。

青空と屋敷が身のほこらと猫。久々にフォトジェニックなシーンに出会えた。冬の澄んだ空もまたよし。2021年1月 ソニー α7C

 というわけで、12月に出たシグマのIシリーズレンズ、35mm判換算 F2と65mm F2を見たときに、これはコンパクトなα7Cと組み合わせたら良さげじゃね、と試してみたら、予想以上に画質と携帯性を兼ね備えた良いスナップ撮影セットだったのである。それでいてフルサイズセンサーのクオリティーを楽しめるのだ。

■Amazon.co.jpで購入
 

筆者紹介─荻窪圭

 
著者近影 荻窪圭

老舗のデジタル系ライターだが、最近はMacとデジカメがメイン。ウェブ媒体やカメラ雑誌などに連載を持ちつつ、毎月何かしらの新型デジカメをレビューをしている。趣味はネコと自転車と古道散歩。単行本は『ともかくもっとカッコイイ写真が撮りたい!』(MdN。共著)、『デジカメ撮影の知恵 (宝島社新書) (宝島社新書)』(宝島社新書)、『デジタル一眼レフカメラが上手くなる本』(翔泳社。共著)、『東京古道散歩』(中経文庫)、『古地図とめぐる東京歴史探訪』(ソフトバンク新書)、『古地図でめぐる今昔 東京さんぽガイド 』(玄光社MOOK)。Twitterアカウント @ogikubokei。ブログは http://ogikubokei.blogspot.com/

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン