前へ 1 2 3 次へ

Tiger Lake搭載の14.0型ノートPC「LAVIE N14」と12.5型ノートPC「LAVIE N12」も

NECパーソナルコンピュータ、有機ELパネルのAndroidタブレット「LAVIE T11」を発表

貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

LAVIE N14(ネイビーブルー)

NECパーソナルコンピュータが2021年春の新モデルを発表

 NECパーソナルコンピュータは1月19日、14.0型ノートPC「LAVIE N14」と12.5型ノートPC「LAVIE N12」、11型Androidタブレット「LAVIE T11」を発表した。

 LAVIE N14とLAVIE N12は第11世代のインテルCoreプロセッサー(コードネーム:Tiger Lake)を搭載するほか、ビデオミーティング機能の快適性の改善や、携帯時の紛失防止機能の搭載、家庭内の安全に配慮した「キッズメニュー」の改善など、「ニューノーマル」を意識した仕様を盛り込んでいる。本稿では、各モデルの主なスペックと特徴を紹介する。

ニューノーマルを意識し、ミーティング機能を強化

 「LAVIE N14」は、スタンダードなモデルに位置付けられる、14.0型のノートPC。ヤマハ製の「AudioEngine」に対応し、ミーティング中、音声品質を一人向けの「パーソナルモード」か、複数人向けの「マルチユーザモード」に切り替えられる。

 また同じくAudioEngineの機能として、エアコンの音や屋外の騒音を低減したり(ノイズサプレッサ)や、部屋の残響を抑制したり(ルームエコー抑制)といったことが可能だ。相手の声の音量の均一化、ヘッドホンを活用してミーティングに参加する音声設定などにも対応する。

LAVIE N14(パールホワイト)

 さらに、紛失防止タグ「MAMORIO」のサービスを2年間無償利用できる(3年目以降は有償で延長可能。価格は現時点で未定だが、500円前後を予定している)。置き忘れた際(スマートフォンと離れた際)や、ほかのMAMORIOユーザーが検知した際にスマートフォンにメッセージで通知する機能、主要駅や商業施設にPCが届けられた際に、位置情報と合わせて取得情報を通知する機能など、PCの紛失防止に役立つ機能を利用可能だ。

 キッズメニューを刷新し、子供向けの設定やウェブサイトにアクセスしやすくなったほか、プログラミング言語「スクラッチ」を解説付きで学べる機能も搭載した。

 デザイン面では、従来の、エッジに向けて緩やかにカーブを描く形状から、直線的でシャープなイメージに刷新している。ヒンジ部を正面から見えにくくし、よりスッキリとした印象に仕上げた。

 「N1475/B」と「N1435/B」の2モデルを用意。それぞれの主な仕様は下記の通りだ。

N1475/B:Windows 10 Home(64bit)、Core i7-1165G7、8GBメモリー、512GB SSD(PCIe)、14.0型ディスプレー(1920×1080ドット/IPS)、およそ1.47kg

N1435/B:Windows 10 Home(64bit)、Ryzen 3 3250U、8GBメモリー、256GB SSD(PCIe)、14.0型ディスプレー(1920×1080ドット)、およそ1.46kg

 インターフェースとして、USB 3.1端子×1(USB Type-C)、USB 3.0端子×2(Type-A)、HDMI出力端子×1、音声入出力端子×1(3.5mmミニジャック)、有線LAN端子(RJ45)×1を搭載するほか、SDスロットをそなえる。

 サイズはおよそ幅327×奥行き225.7×高さ19.2mmで、バッテリー駆動時間は両モデルとも、最大12時間。カラーバリエーションは、店頭向けにはパールホワイト、ネイビーブルーの2色を用意し、公式通販サイトのNEC Direct限定で、パールブラックを用意する。価格はN1475/Bが20万円前後、N1435/Bが15万円前後。1月21日から販売を開始する。

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
2020年
01月
02月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
05月
11月
2018年
01月
02月
2017年
01月
02月
07月
08月
10月
2016年
01月
09月
10月
11月
12月
2015年
05月
07月
08月
09月
10月
12月