このページの本文へ

高輝度HDRや著作権保護システムのHDCP2.2、ARCなどにも対応

4K/60Hz出力に対応する4入力1出力のHDMI切替器

2020年12月24日 19時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サンワサプライは12月24日、テレビ音声を高音質でAV機器に出力するARCなどに対応するHDMI切替器「400-SW033」を発売した。価格は9800円。販売は直販サイト「サンワダイレクト」にて。

 HDMI機器4台の映像・音声を、1台の4Kディスプレーや4Kプロジェクターなどに切替出力できるHDMI切替器。4K/60Hzに対応しており、Xbox Oneなどのゲーム機で高精細なHDMI信号を出力できる。また、Nintendo Switch、PlayStation 4 Proの4K/HDR出力にも対応する。

 高輝度HDRや著作権保護システムのHDCP2.2にも対応し、黒潰れや白飛びを防ぎ、より自然でリアルな映像を楽しめるとしている。

 光デジタル(角型)、アナログ2ch(ステレオミニ)、同軸デジタルのオーディオ接続が可能で、AVアンプなどに音声を出力できる。また、ARCにも対応するため、テレビ放送のデジタル音声を本製品の光デジタルポートから出力して、AVアンプなどに接続された高音質スピーカーで楽しめる。

 切り替え方式は、HDMI機器起動時に自動でポートを切り替える「自動切替モード」と、ボタン操作のみで切り替えをして誤作動を防ぐ「手動切替モード」を選べる。出力の切り替えはリモコンからも可能だ。

 本体サイズ/重さは、およそ幅190×奥行き80×高さ24mm/およそ395g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン