このページの本文へ

ソフトバンク「本当にわかりやすい料金を」3ブランドで他社対抗

2020年12月22日 17時45分更新

文● 中山 智 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今日22日、ソフトバンクは「新しい料金サービスに関する発表会」を開催。メインブランドであるソフトバンクとY!mobileだけでなく、新たにオンライン専用のブランド「SoftBank on LINE」を立ち上げ、3つのブランド展開となり、それぞれ新たな料金プランが発表された。

オンライン専用のブランドを3月にスタートさせるソフトバンク

3つのブランドで他社と対抗

ahamo対抗のSoftBank on LINE

 今回新たに発表された「SoftBank on LINE」は、実店舗での契約はできないオンライン専用のブランドで、提供開始は2021年3月を予定している。料金プランは高速データ通信量が20GBで、5分以内の国内通話が何度でも無料となっており、価格は2980円。5Gにも対応していることも含めて、先に発表されたドコモの「ahamo」とほぼ同じ内容だ。

オンライン専用のブランドは「SoftBank on LINE」

MVNOではなくMNOとして提供される

 20GBのデータ容量を超過した場合は最大1Mbpsに速度制限される。データ容量を1GB/500円でデータ容量の追加も可能。オリジナルのサービスとしては、LINEでの通信量はカウントされず使い放題となっていること。対象となるLINEの機能はLINEトークやLINE通話を予定している。またeSIMの対応も予定しており、物理SIMを発行する必要がないため、オンラインで申し込んですぐにサービス開始といった素早い対応に期待できる。

月2980円でeSIMにも対応

 通信品質に関しては、ソフトバンクの子会社として運営されているLINEモバイルと違い、こちらはMNOでのサービスなので、メインブランドのソフトバンクと同等。ちなみにLINEモバイルは3月いっぱいで新規受付を停止し、以降は既存ユーザーへのサービスのみとなる。

ネットワーク品質はMNOのソフトバンク回線と同一を強調

 キャリアメールや海外ローミングといったサービス、ほかのブランドからプラン変更する場合のSIMの変更など細かなポイントについては現在検討中とのことで、今後詳細が明らかにされる。

Y!mobileも5Gに対応し新プラン導入

 Y!mobileは12月より新プラン「シンプル20」の提供開始を予定していたが、こちらは中止となり、改めて料金プランを一新。データ容量の違いなどで「シンプルS/M/L」の3つから選べるプランとなった。

「シンプル20」を提供前に「シンプルS/M/L」へと改訂

 「シンプルS」は高速データ通信量が3GBで超過時の速度は最大300kbpsとなっており、月額料金は1980円。「シンプルM」は高速データ通信量が10GBで超過時の速度は最大1Mbpsとなっており、月額料金は2980円。「シンプルL」は高速データ通信量が20GBで超過時の速度はシンプルMと同じ最大1Mbpsとなっており、月額料金は3780円という内容になっている。

 「シンプルS/M/L」には割引も用意されており、おうち割 光セット(A)または家族割引サービスが利用可能。どちらか一方のみだが毎月500円の割引が受けられる。

最大500円の割引サービスも用意された

 通話料金はいずれのプランも20円/30秒だが、オプションとして10分以内の国内通話が無料になる「だれとでも定額」(月額700円)、10 分を超える国内通話も無料になる「スーパーだれとでも定額(S)」(月額1700 円)が適用可能。

 またこのY!mobileでも5Gに対応となり、今回の新プランは4G/5Gともに同じ料金となっている。提供開始は2021年2月を予定している。

ソフトバンクは無制限プランでドコモより70円安い

 メインブランドのソフトバンクは、大容量プランとして新たに「メリハリ無制限」を3月から提供する。契約回線によって料金の違いはなく、4G・5Gどちらも料金は6580円で高速データ通信の容量は無制限。先にドコモが発表した無制限プラン「5Gギガホ プレミア」よりも70円安い価格設定だが、テザリングおよびデータシェアでの利用時は最大30GBまでの制限がある。ちなみに「メリハリ無制限」ではテザリングオプションは無料となったため、テザリング時に追加費用はかからない。

メリハリプランが無制限になってリニューアル

4Gも5Gも同じ料金となっている

 割引は「おうち割 光セット(-1000円)」と「新みんな家族割(2人/-600円、3人以上/-1100円)」が利用可能。また従来のメリハリプラン同様に、データ通信の利用量が3GB以下の場合は自動で1500円の割引も適用される。そのため割引適用後の料金は3GB以上のデータ通信利用量なら4480円、3GB以下なら2980円となる。

無制限で使っても、割引によって最大4480円まで安くできる

 発表会に登壇したソフトバンク 代表取締役 副社長執行役員 兼 COO 榛葉 淳氏は、「今までまずお試しで、よかれと思って6ヵ月間は少し安くといった(考えで)プログラムを提供していた。今回はそういった期間の割引をなくして、ひとつの定価に埋め込み、割引は固定回線や家族などにして、本当にわかりやすいプログラムに設定した」と話した。

プレゼンを行なったソフトバンク 代表取締役 副社長執行役員 兼 COO 榛葉 淳氏

それぞれのブランドの移行には料金はかからない

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン