このページの本文へ

ソフトバンク、サービス利用料の支払期限を4月末日まで延長

2021年02月05日 16時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトバンクは2月5日、新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴い、同社サービスの利用料金の支払い期限を4月末日まで延長することを発表した。

 今回の支援措置は、支払い期限が2020年12月末日以降の料金が対象で、顧客からの申し出があった場合に、支払い期限をこれまでの3月末日から4月末日に延長するというものである。なお、1月22日以降に申し出をした顧客は、再度申し出をする必要はないとのこと。

 対象サービスは、ソフトバンクの移動通信サービス、「SoftBank 光」「SoftBank Air」「Yahoo! BB」「SoftBank ブロードバンド サービス」「ODN」などのインターネット接続サービス、「おうちのでんわ」「おとくライン」などの固定電話サービス、ワイモバイルのサービス、「ソフトバンクでんき」の各種サービスとなっている。

 問い合わせ先は、ソフトバンクおよびワイモバイル回線と「おうち割」または「でんわまとめて割」を契約している場合は、「SoftBank 光」「SoftBank Air」「Yahoo! BB」「SoftBank ブロードバンド サービス」などのインターネット接続サービス。「おうちのでんわ」、「ソフトバンクでんき」もウェブページでお申し込み可能。
「ODN」などの上記以外の一部インターネット接続サービス、「おとくライン」など固定電話サービス、ワイモバイルの法人サービスは電話での申し出となる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン