このページの本文へ

ソフトバンクのahamo対抗はLINE活用の新ブランドで! 月20GBを月2980円

2020年12月22日 10時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトバンクは22日、オンライン専業の新ブランドを2021年3月に立ち上げ、月2980円(以下、すべて税抜)で月20GBの通信量を利用できるプランで提供開始する。新ブランドのコンセプトは「SoftBank on LINE」としているが、ブランドの名称は決定次第、あらためて公表するとしている。

LINEモバイルとは別物でSBと同一の高速ネットワーク
LINEでギガが消費されないのが1つのメリット

 ソフトバンクによる、ドコモ「ahamo」対抗は来春の経営統合を予定している「LINE」ブランドを活用して展開する。ただし、MVNOである既存の「LINEモバイル」とは基本的に別物。ソフトバンク/Y!mobileとは同一ネットワークによる4G/5Gの高速サービスが利用可能としている(LINEモバイルについては今後100%子会社化、吸収合併を検討。来春にも新規受付を終了する予定)。

 新プランの内容は、ドコモ「ahamo」に真っ向対応する形となっている。月額料金は月2980円で、月20GBのデータ通信を利用可能。超過時も最大1Mbpsで利用可能なほか、追加チャージも1GBあたり500円。1回5分以内の国内通話定額が用意されており、月1000円のオプション追加で時間無制限になる。

 ahamoにはない、SoftBank on LINEならではメリットとしては、LINEモバイルにもあったLINEで通信量を消費しない「LINEがギガノーカウント」となる。また、eSIMへも対応する予定とのこと。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン