このページの本文へ

ヤフーDS、「Go Toトラベル」で旅行者が増えたのか/行動の変化を分析

2020年11月02日 17時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

箱根地域

 ヤフー・データソリューションは11月2日、「Go Toトラベル」によって旅行者は増えたのかどうかを分析したレポートを公開した。

 箱根・熱海・軽井沢の3地域に注目し、ヤフーの行動ビッグデータ(検索と位置情報)分析ソリューション「DS.INSIGHT Place」に新たに追加された「カスタムエリア」「時系列キーワード」を使ってユーザーの行動変化を調べたもの。

軽井沢地域

熱海地域

 8月・9月・10月の人の量を前年比との比較すると、今年の8月はコロナ禍の影響で来訪者の減少が見られるが、10月になると増加していることが分かり、Go Toトラベルの影響と見られる(ただし昨年の10月12日は台風の到来により極端に来訪者が減っている)。

観光客数の変化(箱根地域)

 DS.INSIGHT Placeのカスタムエリア機能は人の量だけでなく、指定した地点の来訪者の検索行動を所得した「興味関心キーワード」の分析も可能であり、そこから旅行者の行動もうかがえるという。旅行者の検索キーワードとしては、観光地に到着した旅行者は「天気」といった単語を検索することが多いが、そのユーザーが「○○ホテル」といった単語を検索するタイミングを見ると、昨年に比べて時間的間隔が短くなっているのが分かるという。ここから長期的な旅行スケジュールではなく期間限定のGo To トラベル利用に用いたのではないかと推測している。

「興味関心キーワード」分析による「天気」検索と「○○ホテル」検索の時間差(軽井沢地域)

※出典:ヤフー・データソリューション

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン