このページの本文へ

電子タバコ愛用者が「プルーム・テック・プラス・ウィズ」をじっくり使い込みレビュー!

2020年11月05日 11時00分更新

文● 編集● 貝塚/ASCII
レビュワー● 話し手● 財沢 章夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

リキッドを入れる部分の金具も、脱着しやすくなった

においがしないことが新鮮
フレーバーも多いので、いろいろと試したくなる

 数日使ってみて、一番のメリットだと感じたのが、においがほとんどしないことだ。

 高温加熱式のタバコは、紙巻きたばことは違う独特のにおいがある。吸い慣れていても、たまに、くさいと感じてしまうほどだ。妻も高温加熱式のタバコのにおいが気になっているらしく、自宅では気をつけて換気扇の下やベランダで吸っている。

蒸気量はかなり多いが、においはほとんどしない

 プルーム・テック・プラス・ウィズの煙はほとんどにおいがせず、注意して嗅ぐと、フレーバーによっては甘い香りが、ごくうっすらと漂う程度。プルーム・テック・プラス・ウィズならデスクで吸っても、妻は特に気にならないようだ。ここが一番うれしかったポイントだ。

メビウス・プレミアムゴールド・レギュラーのたばこカプセルを装着

 最近発売された「メビウス・プレミアムゴールド・レギュラー」と「メビウス・ゴールド・オレンジ・ミント」も試してみた。

 メビウス・プレミアムゴールド・レギュラーはかなり吸いごたえが強いらしいという話を聞いていたが、喉へのキック感が強くて、すこし残る感じがあった。ほかにも何種類か試してみたが、僕にとっては、「メビウス・ゴールド・ロースト(レギュラー)」がちょうど好みの吸いごたえだった。より強い吸いごたえを求める人には、メビウス・プレミアムゴールド・レギュラーはいい選択肢だと思う。

 メビウス・ゴールド・オレンジ・ミントは、果物のフレーバーが香るので、高温加熱式のレギュラータイプを吸っている僕からすると、新鮮に思えた。日常的に吸うというより、お酒を飲んでいるときの気分転換などに使うと、リフレッシュ感もあり、 チェーンスモークをしてしまうのも避けやすいと思った。

「メビウス・プレミアムゴールド・レギュラー(右)」と「メビウス・ゴールド・オレンジ・ミント(左)」

プレミアム・ゴールド・リーフ100%の
メビウス・プレミアムゴールド・レギュラーも新発売

 10月に発売されたメビウス・プレミアムゴールド・レギュラーは、初のゴールドリーフを100%使ったたばこカプセルだ。従来から、「ゴールドライン」シリーズには特別原料である「ゴールドリーフ」が使用されていたが、メビウス・プレミアムゴールド・レギュラーは、シリーズでもっとも濃い味わいが楽しめるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン