このページの本文へ

1650円の大きめサイズのワイヤレスマウス「M190」も登場、複数個買いにもオススメ

会社や自宅でのイライラ「カチャカチャ、ターン!」なくすなら、低価格の超静音ワイヤレスキーボード「K295」が最適

2020年10月30日 11時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カチャカチャ、ターン! と活き活き仕事するジサトラハッチのタイプ音を消してみた

 実際に、ジサトラハッチにK295を渡して使ってもらってみた。渡す際に「俺はカチャカチャ、ターン! ってできるキーボードが好きなんだよなぁ」とブツブツと何かを言っていたが、隣にいた同編集部のつばさに「ハッチさん、たまにターン! がすごいときあるんで、使ってみてくださいよ!」と後押しがあり、さっそく使ってみることに。

普段は「カチャカチャ、ターン!」と鳴らさずにはいられないジサトラハッチと、普段ジサトラハッチの席の近くで仕事をしていて、たまに気になるというつばさ

 いつもどおり、メールのやりとりをK295を使って試してみてもらったところ、その静音さにジサトラハッチだけでなく隣でみていたつばさも驚いていた。ジサトラハッチによると「静音と聞いていたから、パンタグラフタイプかなと思っていたけど、しっかりと押下感があってこの静かさはすごいね」とのこと。実際に聞いていたが、少し距離を離れて座っていると、ほぼタイプ音は聞こえない。隣の席であっても今タイプしているなというのがわかるくらいで、タイプ音がうるさく感じることはまったくなかった。

めちゃくちゃ音が小さいことに「静音とは聞いていたけどこれは予想以上」と驚くジサトラハッチ

 また、つばさも「ASCII編集部の場合、メカニカルキーボードで仕事している人が多いから、ハッチさんのタイプ音もあまり目立たないけど、普通の会社だったら結構うるさいと感じるかもしれないので、これはすごくいいですね」と満足気だった。

ジサトラハッチが「K295で仕事したら、存在感なくなっちゃうな~」と言っていたので「タイプ音鳴っていなくてもハッチさんの存在感スゴイですよ」と伝えておいた

タイプ音の小ささに、つばさも満足気

K295のタイプ音は静かな事務所並み
会社でも自宅でも周りに気を遣う必要がなくなる!

 では、K295がどれくらい静音なのか、デジタル騒音計を使って計測してみた。今回は自宅のダイニングで、冷蔵庫など音がするものの電源をすべてオフにして、デジタル騒音計をキーボードから20cmほど離して設置し、繰り返し「ASCII編集部」とタイピングしたときの音を測定した。

K295がどれくらい静音なのか、デジタル騒音計を使ってチェック

 自分が動くとだいたい40~45dBAくらいになるので、すべての計測は騒音計が35dBAを下回ってから計測を開始している。なお、機械の音などではなく実際にタイピングしたときの音なので、人によって若干の差異が出るのはご了承いただきたい。

 K295を何度かタイピングして計測してみたが、大体40dBA~45dBA前後くらいで推移していた。エンターキーを強めに叩いても50dBA~55dBAくらいだった。参考程度に、30デシベルというのは郊外の深夜くらいの静かさ。ささやき声も30デシベル程度で、非常に小さく聞こえる程度の音だ。40デシベルが図書館や市内の深夜、50デシベルが静かな事務所に相当する。これを考えると、とても静かな場所でタイピングしても、まったく問題ないということがわかってもらえるだろう。

 また、比較対象として、自宅で使っている同社のゲーミングキーボード「G913-TKL」のクリッキーを採用しているモデルでも計測してみたところ、同じくらいの強さでタイピングして55~60dBA、エンターキーを叩くと65dBA~70dBAくらいになった。G913-TKLの文字キーのタイピングよりも、K295のエンターキーを叩くときのほうが小さいことを考えると、K295はかなり静音といっていい。

 また、ロジクール サイレント ワイヤレスコンボ MK295に付属するマウスも、K295もクリック音がとても静音。左側に親指がフィットする曲線を採用しているので、小型ながら手になじみやすいのもポイントだ。加えて、ドングル1つでマウスとキーボードどちらも接続可能なので、有線よりもUSB端子の節約ができる。こちらは単三乾電池1つで駆動する。小さめのマウスが好みの人は、こちらも選択するといいだろう。

MK295の場合はドングル1つでキーボードとマウスが接続可能。このマウスもクリック音が静音なので、一緒に購入して完璧な静音仕様のPCデスクを構築することが可能だ

 K295およびMK295であれば、普段タイプ音が大きめの人でも、かなり静音のまま作業が可能だ。K295は価格も2970円とお手頃なので、自分で使うのはもちろん、タイプ音がうるさいなと思っている人がもしいればオススメしやすいし、なんなら「これ、ワイヤレスで使いやすいですよ!」とプレゼントするのもありだと思う。きっと、その人の評価が上がりつつ、オフィス内も静かになるはずだ。

 また、在宅勤務でオンライン会議中にタイプ音を入れたくない人、家庭内でも夫婦で同じ部屋でテレワークをしている人や、作業の時間が遅くなりがちで、家族が寝静まってもキーボードやマウスを使って作業するという人にとっては、タイプ音で周りに気を遣う必要はなくなる。タイプ音を気にしてキーボードを探している人は、K295およびMK295を検討してみてはいかがだろうか。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン