このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第232回

トリプルカメラで自撮りを楽しめるASUS「ZenFone 7 Pro」はセルフィースマホの決定版!

2020年10月21日 14時00分更新

文● ジャイアン鈴木 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

最高性能のカメラをアウトでも
フロントでも利用できるのが最大のメリット

 カメラスペックは広角(6400万画素、f/1.8)、超広角(1200万画素、f/2.2)、望遠(800万画素、光学3倍、デジタルズーム12倍)を搭載。6400万画素の広角カメラは、Quad Bayer technologyにより1600万画素、ピクセルサイズ1.6μmとしても使える。

 スケジュールの都合でカメラテストは曇天で実施したが、画質は基本的に良好だと思う。強い色が入ってもホワイトバランスは適切。12倍デジタルズームで撮影した写真は大画面で見ればノイズや塗り絵感が目立つが、15インチぐらいのディスプレーなら実用レベルの画質だと感じた。

 夜景モードは広角カメラと超広角カメラで利用可能で、明るく、比較的ノイズが少なく撮影できる。ただ白飛びが強いことが気になった。この点はソフトウェアアップデートで改善されることを期待したい。

 フリップカメラ最大のメリットは、最高性能のカメラをアウトでもフロントでも利用できること。たとえば自撮りでも夜景モードを使えるわけだ。アウトカメラは改善してほしい点はあるものの、フロントカメラはトップクラスの性能を備えていることは間違いない。

超広角カメラで撮影

広角カメラで撮影

望遠カメラで撮影

12倍デジタルズームで撮影

12倍デジタルズームで撮影

広角カメラで撮影

広角カメラの夜景モードで撮影(※ナンバーにモザイクをかけています)

超広角カメラの夜景モードで撮影(※ナンバーにモザイクをかけています)

トリプルカメラで自撮りできるのは
ZenFone 7/7 Proだけ!

 現時点でAndroid最速のSoCを搭載し、フリップカメラを3眼化したZenFone 7 Proは前モデルから着実に進化を遂げている。トリプルカメラによりさまざまな画角でセルフィーを楽しみたいという方に、唯一無二の存在と言えよう。

オッサンの自撮りも超広角カメラで撮影すれば許していただけるのではないだろうか?

  ZenFone 7 ZenFone 7 Pro
ディスプレー 6.67型有機EL(20:9、90Hz対応)
画面解像度 1080×2400
サイズ 約77.2×165×9.6mm
重量 約235g
CPU Snapdragon 865
2.84GHz(オクタコア)
Snapdragon 865 Plus
3.1GHz(オクタコア)
内蔵メモリー 8GB
内蔵ストレージ 128GB 256GB
OS Android 10
対応バンド 5G NR:n1/2/3/5/7/8/12/20/28/38/77/78
LTE:1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19
/20/26/28/29/38/39/40/41
W-CDMA:1/2/3/4/5/6/8/19
4バンドGSM
DSDV ○(5G+4G)
無線LAN Wi-Fi 6
カメラ画素数 64メガ(標準)+12メガ(超広角)+8メガ(望遠)
バッテリー容量 5000mAh(最大30W充電対応)
生体認証 ○(指紋)
防水・防塵 ×
SIM nanoSIM×2
USB端子 Type-C
イヤホン ×
カラバリ オーロラブラック、パステルホワイト
発売時期 10月23日
予想実売価格(税抜) 8万5800円 9万9800円

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン