このページの本文へ

先端テックニュースまとめ読み from MITテクノロジーレビュー 第109回

人工衛星群で天体観測が台無しに/偽プーチンと金正恩のディープフェイク広告

2020年10月12日 13時00分更新

文● MITテクノロジーレビュー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

増え続ける人工衛星群で天体観測が台無し、解決策はあるか?

近年、盛んに打ち上げられている人工衛星群(コンステレーション)が夜空で明るい光を放つため、天文学者による天体観測の著しい妨げになることが懸念されている。米国天文学会は、この問題に関する報告書を発表し、解決策を探ることを提言した。

≫ 続きはこちら

ISSで再び原因不明の空気漏れ、乗組員が発生場所を調査中

国際宇宙ステーション(ISS)で発生した空気漏れは、現時点ではさほど大きなトラブルにはなっていない。しかし、宇宙船に衝突して船体に穴やひびを作る可能性のあるデブリ(宇宙ゴミ)は増加する一方であり、何らかの対策を講じる必要がある。

≫ 続きはこちら

偽プーチンと金正恩が出演するディープフェイク広告、放送中止に

選挙の妨害ではなく民主主義を守るために、AIを使った人工的なビデオ広告が制作された。

≫ 続きはこちら

「あなただけが特別ではない」陰謀論者と対話する10のヒント

新型コロナやワクチンに関する陰謀論を信じる人は決して少なくない。陰謀論を信じている人と対話するための10のヒントを伝えよう。

≫ 続きはこちら

WHOはなぜ考え変えない? エアロゾル感染専門家に聞く

新型コロナウイルスがエアロゾル感染することを示す証拠が次々と報告されてきたにもかかわらず、WHOやCDCの公式ガイダンスはほとんど変わっていない。コロラド大学ボルダー校のヒメネス教授らは、身を守る方法に関する最新アドバイスをグーグル・ドキュメントで一般公開している。

≫ 続きはこちら

量子アニーリング提唱者・西森秀稔が考えるイノベーターの条件

最も先端的なテクノロジーの1つ、量子コンピューターの開発が競うように進んでいる。東京工業大学 科学技術創成研究院の西森秀稔特任教授に、各国・地域の開発を取り巻く状況から、イノベーターが生まれるための条件を聞いた。

≫ 続きはこちら

AIが作る「マイクラの街」 現実の都市計画に応用も

AIを使ってマインクラフトの都市を生成するコンテストが毎年実施されている。将来、このコンテストで培われたAI手法が、実際の都市計画立案に使われる日が来るかもしれない。

≫ 続きはこちら

新型コロナ「軽症」のトランプ大統領に重症患者向けステロイド薬

新型コロナ重症患者の死亡率を大幅に下げる可能性があるデキサメタゾンが投与された。

≫ 続きはこちら

MITテクノロジーレビューからのお知らせ

MITテクノロジーレビューは[日本版]は、才能ある若きイノベーターたちを讃え、その活動を支援することを目的とした世界的なアワード「Innovators Under 35」(読み方:イノベーターズ・アンダー35)の日本版となる「Innovators Under 35 Japan」を初開催します。現在、候補者を募集中。詳しくは公式サイトをご覧ください。

≫ Innovators Under 35 Japan公式サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ