このページの本文へ

善意のつもりがデマ拡散!? フェイクニュースを見抜く方法とは

2020年09月25日 09時00分更新

文● せきゅラボ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

誤報はもちろん、フェイクニュースに注意

 テレビや新聞がなくても、スマホやPCがあれば、24時間、最新のニュースをすぐに知ることができる時代になった。とくにSNSでは、さまざまな情報が流れてくるため、そこで初めて知ることも多いだろう。

 多種多様なニュース、あるいはコラムの中には、真偽が不確かな情報もある。もっともらしく書いてあっても、科学的に疑わしいケースもあるので、注意が必要だ。

 もちろん、中には単純な誤報もある。そういう場合は、すぐに訂正が発表されることもあるが、謝った情報のほうが拡がってしまう可能性もあるので、気をつけたい。

 誤報よりも危険なのが、意図的に誤解を招くような情報や、誤ったストーリーを作るために作られた情報だ。いわゆるフェイクニュースがそれに該当する。

 その手の情報は、ネット上での拡散をねらうために、危険を煽るような言葉が書いてあることも多い。それを見て不安になってしまったり、誰かに伝えたくなったりすることもあるだろう。

 しかし、デマ、あるいはフェイクニュースの氾濫は、単純に間違っているというだけではなく、適切な情報が伝わるのを妨げてしまい、現状を悪化させることに繋がりかねない。

 善意で情報を拡散したつもりが、誤ったニュースを伝えてしまい、信用を失うことにもなる。ネットやSNSで知ったことに対しては、慎重な姿勢が求められるのだ。

情報源を確認し、客観的な視点を持とう

 ネットで得た情報に対しては、何が事実で、何がフィクションなのかを見分ける、メディアリテラシーが重要になってくる。

 この情報を投稿したのは誰か、記事内のリンクは信頼できるか、このコンテンツを共有するべきかなどを、情報の受け手はしっかりと判断する必要がある。まずは情報源を確認し、信用ができるかどうかを判断したい。同じトピックについて、他の情報源がどのように掲載しているか、確認するのもよい。

 客観的に書かれたコンテンツなのか、主観的なものなのかを見分けるのも重要だ。後者が悪いというわけではなく、正誤について、しっかりと判断する意識が必要といえる。

 安易に情報に飛びつかず、正しい情報かどうか精査する心がけとして、感情的に判断しない、という点が重要。他人から聞いたニュースであっても、よく確認する心構えを持つことが肝心だ。一方で、悪質なコンテンツに関しては、正規の問い合わせ窓口から通報することも考慮するとよいだろう。

 SNSで流れてきた情報を鵜呑みにせず、チェックする姿勢を持つためのポイントはどこだろうか。今回は、McAfee Blogの「ソーシャルメディアフィード内のフェイクニュースや誤報を見分けるには」を紹介しよう。(せきゅラボ)

※以下はMcAfee Blogからの転載となります。

ソーシャルメディアフィード内の
フェイクニュースや誤報を見分けるには:McAfee Blog

 あなたはどこでニュースを入手しますか? ソーシャルメディアからニュースを知ることが増えているのではないでしょうか。

 2019年に、ピューリサーチは、アメリカの成人の55%がソーシャルメディアからニュースを「よく」または「ときどき」受け取ると回答していると発表しました。これは、前年より8%増加しています。

 ソーシャルメディアでのそれらのニュースのいくつかは、彼らが購読している情報源からのものであるかもしれませんが、多くのニュースは、友人によって再投稿またはリツイートされた記事を介して表示されている場合もあります。

 そのため、フィードをスクロールして、ニュースとそのニュースに関するコメントが連なり溢れている状態になると、何が真実で何が間違っているのか疑問に思えてきます。

 そしてそれは正しい感覚です。インターネットの出現により、誰でも出版社のようになることができます。これは、インターネットの最大の強みのひとつです。私たちは皆、発言権を持つことができます。出版は、新聞、テレビ、ラジオの所有団体に限定されなくなりました。しかし、これはインターネットの最大の課題のひとつでもあります。数百万のパブリッシャーが存在し、誰もが真実を投稿しているわけではありません。また、投稿が全く行なわれないこともあります。

 たとえば、昨年5月、カーネギーメロン大学の研究者たちは、現在のウイルスについて2億を超えるツイートを調査しました。最も影響力のあるリツイートの上位50人のうち、82%がボットでした。トップ1000のリツイートのおよそ62%もボットでした。彼らは何をリツイートしたのでしょうか。

 研究者は、つぶやきが根拠のない陰謀説や偽の治療法を含む100種類以上の不正確な話を中心に展開していたと述べ、この急増の2つの理由を挙げています。「まず、自作のボットを作成する多くの人が居ます。また、ボットアカウントを実行するために会社を雇う洗練されたグループの数も増加しています。」

 毎日膨大な量のニュースと情報が流れているため、ある程度の誤った情報や誤解を招く情報が人々のソーシャルメディアミックスに混入することは間違いありません。そのため、私たち全員がメディアリテラシーを構築する必要があります。これは、消費するメディアを偏見と正確さについて批判的に分析する能力です。

 以下は、ニュースのソーシャルメディアフィードをスクロールするときに、何が事実で何がフィクションであるかを見分けるのに役立つ、メディアリテラシーのいくつかの基本事項です。

誤報とフェイクニュースの違い

 ソーシャルメディアで偽の情報か真実かを見分けるには、まず2種類の虚偽を定義することになります。それは、意図的ではないものと意図的なものです。

 まず、意図的ではないもの - 誤った情報というのはどうしても発生します。私たちは人間であり、時々それは私たちが間違っていることを意味します。詳細を忘れてしまったり、誤って思い出したり、誤って事実と見なした未検証のアカウントを渡したりします。したがって、誤った情報はあなたが知らない間違った情報です。この無実の毎日の例は、近所のFacebookグループの誰かが、実際には本当に午後7時に閉店するドラッグストアが平日の午後8時に閉店すると投稿する場合です。彼らはそれが午後8時に閉まると信じていますが、彼らは単に間違っています。

 一方で、意図的な偽情報は、そういった間違ってしまった場合とは完全に異なります。意図的に誤解を招くような情報や、誤ったストーリーを作成するために操作された情報です。これの最も簡単な例はプロパガンダですが、他の例も、人、グループ、または機関の信用を落とすように設計された意図的で真実のないものにまで及びます。言い換えると、偽情報は大小さまざまな形をとることができます。それは主要なニュース記事と同じくらい簡単に人々に適用できます。

 それでは、ソーシャルメディアフィードの真実をよりよく理解するために役立つ、いくつかの習慣と戦術を見てみましょう。

情報源を確認

 古くからあるアドバイスのいくつかは最良のアドバイスであり、それはここでも当てはまります。情報源を確認してください。時間をかけ、出会った情報を調べてください。その情報源を見てください。その情報源には、誠実さと事実を扱った実績があるでしょうか。同様に、その情報源にも情報源があります。同様に考えてみてください。

 それでは、情報源をどのように確認すればよいのでしょうか。ひとつには、ソーシャルメディアプラットフォームは、コンテンツが共有されている投稿に出版物に関する情報を埋め込み始めています。たとえば、友人がThe Economistの記事を共有した場合、Facebookにはサークル内の「i」の形で小さなリンクが含まれるようになりました。これをクリックすると、パブリケーションに関する情報が表示され、パブリケーションの所有権、設立日などの概要をすばやく確認できます。

 もうひとつの事実発見の秘訣は、ワシントン州立大学のBlended and Networked LearningのディレクターであるMichael Caufieldによるものです。「ウィキペディアを追加するだけです。」情報源のURLを使用してWikipediaページを検索してみましょう。たとえば、Vox.comで公開された記事を見た場合は、「Wikipedia www.vox.com」で検索するだけです。ウィキペディアのエントリには、情報源、その実績、所有権の概要、および虚偽の報告のために記者やスタッフを解雇したかどうかが表示されます。もちろん、Wikipediaのエントリーは、公の編集者と寄稿者によって書かれていることに注意は必要ですが、これらの記事は、出典が明かされた資料と同じくらい正確です。エントリーで引用されている脚注を必ず参照してください。それらを読むと、エントリが信頼できるソースからの事実によるものかどうかがわかります。それらは事実調査のひとつの方法になり得るかもしれません。

良く利用するメディアを管理

 単一の情報源またはストーリーでは、全体像は提供されません。それは特定の角度または狭い焦点からのトピックをカバーするだけかもしれません。同様に、情報源は編集者によって管理され、ストーリーは人々によって書かれます-明白であるか微妙であるかにかかわらず、そのすべてにバイアスがあります。このため、自身が良く利用するメディアの範囲を拡大して、より広範な情報ソースを含めることが非常に重要です。

 同じトピックについて、他の情報源がどのように掲載しているか、確認するのです。幅広くニュースを見ていくと、一握りのソースでは得られないであろう考えや報道に触れることができます。その結果、より幅広い情報を得ることができ、さまざまな情報源や見方を比較対照することができます。上記のヒントを使用すると、他の評判の良い情報源を見つけてメディアダイエットを完成させることができます。

 さらに、信頼できる情報源のリストと、それらが信頼できる理由については、フォーブスが発行し、ニューヨーク市のキングスカレッジの准教授が執筆した「代替事実ではなく実際の事実が見つかる10のジャーナリズムブランド」をご覧ください。それは確かにすべてではなく、すべてのリストではありませんが、それでも良い出発点を提供するはずです。

あなたの感情をあなたのガイドに

 あなたが読んだり見たりしたニュース記事で、画面で拳を振ったり、拍手したり、歓声をあげたりしたことがありますか? あなたを怖がらせたり、単に笑わせたりしたものはどうですか? 強い感情的な反応を呼び起こすコンテンツは、記事であれ、投稿であれ、ツイートであれ、すぐに広まる傾向があります。これらのような状態になるということは、このような記事が事実確認をすべきであることを示す兆候です。

 それには十分な理由があります。不安を煽ったり、あるいは単にフェイクニュースを広めることを望む犯罪者は、感情を駆り立てるコンテンツを使用して種をまきます。彼らのオリジナルのストーリーが取り上げられ、直接見られるかどうかは、これらの犯罪者には関係ありません。彼らの目的は、実際に人々に何らかの偽情報を提供することです。彼らは、情報の元の情報源が完全に失われるところまで、彼らに代わって再投稿、リツイート、その他の方法でそれを渡す他の人に依存しています。これは、たとえそれが事実でなくても、人々が特定の情報を事実として受け入れ始めやすい例です。

 確かに、いくつかの正当な記事も同様な反応を生成しますが、すばやくファクトチェックを行ない、読んだ内容を確認することは良い習慣です。これにより、情報源の検討および他の情報源に対するクロスチェックについても、以前のポイントに戻ることができます。

「スポンサー付きコンテンツ」に注意

 あなたはおそらくこれと似たような見出しを見たことがあるでしょう。”この脂肪燃焼のトリックは医師を困らせました!” あなたは通常、それらが他のニュース記事へのリンクであるかのように、キャッチーな写真やイラストを積んだ大きなブロックでそれらを見つけます。しかしそれら広告であり、しばしばセンセーショナルなトーンで惹きつけます。

 次にこれらのひとつを見つけたときは、それらが配置されているウェブページの領域を見渡してください。「広告」、「有料スポンサー」、または類似のテキストの小さなグラフィックまたはテキストスニペットを見つける必要があります。そして、スポンサー付きコンテンツを見つけるでしょう。これらのいわゆる記事は、誤解を与えるために意図的に作成されたものではありません。彼らはあなたに何かを買わせようとしているのです。

 ただし、このようなウェブ広告の中にはマルウェアをインストールしたり、他の脅威にさらしたりする悪意のあるサイトに誘導される可能性があるものもあります。常にウェブブラウザー保護をして閲覧しましょう。優れたブラウザー保護は、このようなリンクを悪意のあるものとしてすぐに特定するか、またはそのようなリンクをクリックした場合にブラウザーが悪意のあるサイトに進まないようにします。

知り合いの誤報を見つけたら

 では、メディアリテラシーのこれらの慣習をしばらく続けてきたとしましょう。友達がソーシャルメディアアカウントに誤った情報を投稿しているのを見た場合、どうしますか?介入してコメントする傾向がある場合は、やめておきましょう。

 「誤解を解消する」という善意で投稿にコメントしてもなかなか困難で思うようにいかず良い関係を壊すことになりかねません。私たちはそういうことを良く目にしてきました。元の投稿者は自分の意見に固執して頑なになってしまうことがあるのです。

 友情や気持ちを損なわない方法のひとつは、「正しい」ことを意図して会話に入るのではなく、人々が自分で事実を発見できるようにすることです。トピックに関するディスカッションの一部として情報を提示できます。したがって、これが誤った情報を取り去る魔法の杖のように振る舞うことを期待するべきではありませんが、あなたができることは、元の投稿者とその友達が望む場合にフォローできる信頼できる情報源への道を提供することです。

安全を確保

 ニュースを読んだり調べたりするときに、オンラインで探す場合はいつでも、完全なセキュリティースイートを使用してから始めてください。ウイルス保護を提供するだけでなく、オンラインで何かをするときの身元とプライバシーの保護にも役立ちます。また、スマホでソーシャルメディアフィードをスクロールするのに多くの時間を費やしているならば、モバイルデバイスも保護するオプションを探してください。

 メディアの消費についてより詳細を知りたい場合は、次のような記事もお勧めします。

Twitterのボット:Pew Research
フェイクニュースを見つける方法:FactCheck.org

 同様に、自分のソーシャルメディア上での習慣にも注意してください。ソーシャルメディアフィードでもニュースを転送することがあるでしょう。投稿しようと思った際には上述のようなヒントを思い出してください。当然、あなたが共有するものも真実であることを確認してください。

参考情報:

 日本の場合、ニュース情報を得るメディアは年代によってかなり差が出ています。ソーシャルメディアから得ているのは、10代であり、ニュースの信頼性をどのように見分けるかなどの感覚を保護者がサポートして身に着けていく必要があることがうかがえます。

日常的にニュース情報を得ているメディア「テレビ」がトップ・10代は「SNS」から
https://www.moba-ken.jp/project/others/media_index.html

最新情報を入手

 日々のニュースからの情報収集は重要です。またデジタルの安全性を維持するための情報やマカフィー製品に関する最新情報、および最新の消費者向けおよびモバイルセキュリティーの脅威に関する最新情報を入手するには、Twitterで@McAfee_Home(US)または@McAfee_JP_Secをフォローし、ポッドキャストHackableをお聞きください。

※本ページの内容は2020年9月10日(US時間)更新の以下のMcAfee Blogの内容です。
原文:Spot Fake News and Misinformation in Your Social Media Feed
著者:Judith Bitterli

※本記事はアスキーとマカフィーのコラボレーションサイト「せきゅラボ」への掲載用に過去のMcAfee Blogの人気エントリーを編集して紹介する記事です。

■関連サイト

カテゴリートップへ

マカフィーは大切なものを守ります。