このページの本文へ

デジカメやビデオカメラを高精細なウェブカメラとして使用できる

デジカメなどをウェブカメラとして使えるUSB-HDMIアダプター、サンワ

2020年10月06日 18時20分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サンワサプライは10月6日、ビデオカメラやデジカメをウェブカメラとして使えるUSB-HDMIカメラアダプター「USB-CVHDUVC1」を発売した。価格は2万6400円。

USB Type-A to USB Type-C変換アダプターが付属

パソコンとの接続端子はUSB 3.2 Gen1マイクロBコネクター

 USB-CVHDUVC1は、HDMIで出力される映像をパソコンに取り込めるUSB-HDMI変換アダプター。UVC(USB Video Class)に対応し、接続したHDMI出力機器をカメラデバイスとして認識できるので、ビデオカメラやデジタルカメラを接続すればウェブカメラとして使用できる。

接続方法

主な仕様

 高画質なビデオカメラやデジカメをウェブカメラとして使えば、一般的なウェブカメラやノートパソコンの内蔵カメラより高精細な映像を見せられるという。パソコンのSkype、ZOOMやMicrosoft Teamsなどを使い、質の高いビデオ会議が可能としている。

 本製品はWindows、MacOS両方に対応。MacBookやUSB Type-C搭載機器でも使用できるUSB Type-A to USB Type-C変換アダプターが付属する。また、HDMIで出力されるゲーム機なども接続できるため、プレイ映像ををパソコンに取り込める。機器と本製品をケーブルで繋げるだけで使用できるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン