このページの本文へ

攻殻機動隊や日本沈没、バキなどのアニメ作品をバーチャル視聴「ネトフリシネマ in バーチャル渋谷」

2020年10月05日 17時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは10月5日、「渋谷5Gエンターテインメントプロジェクト」にてNetflixと「ネトフリシネマ in バーチャル渋谷」(ネトフリシネマ)を提供すると発表した。10月9日スタート。

 渋谷5Gエンターテインメントプロジェクトは渋谷区が推進する創造文化都市事業への貢献を目的としたプロジェクト。「バーチャル渋谷」は今年5月にオープンした渋谷区公認の配信プラットフォーム。

 バーチャル渋谷およびネトフリシネマへは、バーチャルイベントプラットフォーム「cluster」のアカウント(無料)を持っていれば誰でもVRデバイスやスマホ、パソコンやMacから参加でき、 Netflixオリジナルアニメシリーズを視聴できる。バーチャル空間で行なわれる上映会では、自分のアバターを操作し、タイムラインに参加することでその場の盛り上がりを体感しながら作品を視聴できる。

 また、auスマートパスプレミアム会員であればそれぞれの作品を1日前に先行視聴できるスマプレ会員DAYが利用可能。無料で入場でき、タイトルごとに第1話から第3話まで上映予定(1日4回の上映、開場時刻は各上映時刻およそ30分前)。

上映作品と上映スケジュール

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ