このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

一足先に5G対応の新モデル! グーグル「Pixel 5」「Pixel 4 5G」発表 第9回

グーグル新製品発表から見える「5Gミドルクラス・シフト」と「コンテンツ・サービス一体化」戦略

2020年10月02日 09時00分更新

文● 西田宗千佳 編集●飯島恵里子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グーグルによる秋の新製品発表というと、多くの人はまず「Pixel」を思い浮かべる。しかし、それはあくまで、家庭用機器のプラットフォーマーであるグーグルの一面に過ぎない。今年の発表は、それを強く感じさせるものだった。

今年のPixelが「ハード的にはつまらない」のは必然である

 今年のPixelである「Pixel 5」「Pixel 4(5G)」を見て「つまらない」と思った人は多いのではないだろうか。過去のようにハイエンドなパーツを集約したものではなく、この時期としてはごく穏当なスペックで、5Gを搭載したことが大きな違いとなっている。

 ただ、これもPixelがどういう位置付けなのか、スマホメーカーとしてのグーグルがどんな立場なのかを考えれば納得できる。

 グーグルはスマホのプラットフォーマーではあっても、トップメーカーではない。その時のAndroidというプラットフォームにとって、重要なデバイスを提供するのがPixelの役割だ。

 昨年はハイエンドなデバイスを発売したが、今年は違う。ハイエンドなデバイスよりも「5Gの普及」が優先になっているからだ。メディアではハイエンドデバイスが注目を集めるが、市況が厳しくなるという予想もあり、10万円を超えるようなデバイスは厳しいのでは……という声は多い。「二つ折り」など特別なギミックのある機器が得意なメーカーや、アップルのような強く厚いファン層をもつメーカーならともかく、毎年のように在庫に苦しむグーグルとしては、高いデバイスを作るより、「5Gを安価に提供する」ことに特化した方が有利……と判断したのだろう。

 そもそも、ずっとPixelの強みは「ハードではなくソフト」から生まれているため、ハイエンドパーツそのものに拘る必然性は薄い。それだけ、採用しているSoCであるクアルコムのSnapdragon 765Gが優秀である、ということでもあるのだが……。

 ただ一方、このような選択をしたことで「手に入れやすい価格」にはなったものの「なぜPixelを選ぶのか」というアピール力は、例年に比べて弱くなった感もある。そういう意味では、ハイエンドである「Pixel 5」よりも、価格が安い5Gモデルである「Pixel 4(5G)」こそが戦略商品、という見方もできる。実際問題、同じ「4a」なのに、4Gモデルと5Gモデルではディスプレイサイズも機能も異なる。4aとは言いつつ「エコノミークラスPixel 5」のような位置付けになっているのが興味深い。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン