このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

通話品質も重視、ソフト更新で旧機種もANC対応に

Jabra初のANC対応完全ワイヤレス、そして無償アップデートまで──Elite 85t開発者インタビュー

2020年09月29日 14時00分更新

文● 山本敦 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

重視したコンパクトなサイズ感

 例えばJabra Sound+アプリに今年から新たに加わった「MySound」の技術もGNグループのヒアリングエイドで培ったノウハウが生きている。MySoundはアプリを起動してメニューに入ると、いくつかのテストトーンを聞きながらユーザーが自身の音の“聞こえ方”に合わせたヒアリングプロファイルを簡単につくり、イヤホンのメモリに登録できるというもの。

今年からアプリに新しく加わった「MySound」の機能を使って、ユーザーの聴こえ方に最適化したプロファイルを作成、イヤホンに保存できるようになった。計5分間前後のテストトーンを左右の耳で聞きながらプロファイルを作る。

 いつも心地よい音楽再生が楽しめるようになるワイヤレスイヤホンのためのパーソナライゼーション機能は、直近ではアップルのAirPodsシリーズも独自の「ヘッドフォン調整」機能をファームウェアのアップデートにより搭載したことから注目を集めている。

 Lilliehook氏は「イヤーチップによるパッシブな遮音効果を高めることにも注力している」と付け加える。Elite 85tには楕円形のシリコン製イヤーチップが付属する。このイヤーチップがユーザーの耳穴の形状と素直にフィットすることでより高い遮音効果が得られるのだという。同イヤーチップはElite 75tシリーズを含む他のJabraのイヤホン製品と互換性はないようだ。

 そして「自由に音楽を聴くスタイル」を妥協なく追求してきたとLilliehook氏は胸を張る。その意気込みが最も強く表れているのがバッテリー性能だ。Elite 85tではANC機能オンの状態で約5.5時間の連続音楽再生を実現した。ANCオフの場合は約7.5時間。コンパクトな充電ケースによるチャージを繰り返せば約25時間の音楽再生が楽しめる。長時間の移動の際にも頼もしいスペックだ。そして充電ケースはワイヤレスチャージにも対応している。

充電ケースはQi規格のワイヤレスチャージに対応する。

 Elite 75tはANCをオンにするとやはり5.5時間の連続音楽再生に対応する。

 今年は数多くのブランドがANC機能完全ワイヤレスイヤホンをリリースする中、JabraがEliteシリーズの完全ワイヤレスイヤホンを「コンパクトなサイズ」を保ったままANC対応にしたという朗報にぜひ注目したい。12mm口径のカスタムドライバーがどんな音を聴かせてくれるのかとても楽しみだ。

 またiPhoneとペアリングして使う時にウィジェット連係によって、ややもするとAirPodsよりも快適なデバイス連係による操作感を実現するJabraの完全ワイヤレスイヤホンがどこまで心地よいワイヤレス音楽再生、そして今日では仕事にも使えるワイヤレスイヤホンとしてワークスタイルを叶えてくれるのか期待したい。

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン