このページの本文へ

ケーブルで接続するだけで設定不要、Type-C変換アダプターも付属

ビデオカメラをウェブカメラ化できるUSB-HDMIアダプター、サンワサプライから

2020年09月03日 16時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

繋ぐだけですぐ使える設定不要のバスパワータイプ

 サンワサプライは9月3日、カメラとパソコンをアダプターとケーブルで接続する事で、接続したカメラをウェブカメラとして使用可能になるUSB-HDMIアダプター「400-MEDI035」の発売を開始した。

 アダプター本体のサイズは幅85×奥行37×高さ10mmで、約0.3mのUSBケーブルとUSB A-USB Type-Cの変換アダプターが付属しており、価格は1万4800円。

 UVC対応でWindows/Macいずれの環境でも利用でき、専用ソフトウェア「UXPlayer」をインストールすれば、カメラから出力した映像を動画や画像としてPC上で直接キャプチャーする事も可能。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン