このページの本文へ

NVIDIA、次期GPU搭載カード採用とウワサの12ピン補助電源コネクターをチラ見せ、8ピン互換あり

2020年08月27日 15時45分更新

文● ジサトライッペイ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2020年8月26日、NVIDIAはビデオカードのデザインにまつわる動画「The Remarkable Art & Science of Modern Graphics Card Design」(グラフィックスカードデザインの驚くべき芸術と科学)をYouTubeで公開し、これまで同社がリリースしてきたリファレンスデザインのカード設計を振り返っている。

 注目すべきはこれまでにない12ピンの補助電源コネクターのデザインを公開している点で、次期GeForceで採用されるものではないかと話題になっている。この新しい12ピンコネクターはコンパクトな電気設計を採用し、従来の8ピンよりも部品や冷却用スペースを確保できると説明している。また、同梱のアダプターで従来の8ピンと互換性を保持しているとのことなので、8ピン×2ケーブルを搭載している電源ユニットなら特に買い替えの必要はなさそうだ。

従来の8ピン×2構成

従来の8ピン×1構成

 同社はこの動画の公開を9月2日午前1時(日本時間)に開催予定のオンラインイベントの「素晴らしいリード」と表現している。RTX 30シリーズとウワサされる新GeForceの登場に期待が高まる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中