このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

体温で耳穴にフィットする独特の素材を使用

かっこよくAirPods Proをカスタマイズできる「SednaEarfit XELASTEC for AirPods Pro」

2020年08月26日 13時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 密閉型イヤホンでは欠かすことのできないイヤーチップ。遮音性や密閉性は、細かな情報の把握や低域の鳴りなどに大きく影響するため、適切なチップの選択は装着感アップだけでなく音質改善の面でも重要だ。

 高級イヤホンは、購入後にカスタマイズして楽しむニーズが一定の割合であると思う。その際にリケーブルなどと並んで、イヤーチップの変更にこだわっている層も存在するわけだ。

 主流はシリコンを利用したものだが、昔から三段キノコ(フランジ型)やスポンジ、低反発(フォーム型)など、様々なバリエーションがあった。さらに、ここ数年は、素材の選択に加え、軸の硬さや形状(長さや筒を外に向かって広げるなど)といった構造面にも配慮したイヤーチップが登場しており、手軽に高音質化や音質調整が図れるアイテムとして注目を集めている。

純正だけでは「もの足りなく」感じたら?

 さて、ここで紹介する「SednaEarfit XELASTEC」は、熱を加えると形状が変化しやすくなる熱可塑性樹脂(TPE)を使用したイヤーチップだ。要は傘の部分が体温によって柔らかくなり、耳の形に合わせて収まる製品となる。韓国AZLAの製品であり、他社の製品と並んでここ数年のイヤーチップ交換ブームにおいて、一定の役割を果たしている“SednaEarfit”シリーズの最新モデルがXELASTECなのだ。

SednaEarfit XELASTECにAirPods Pro版が登場した

 その特徴は7月の記事で紹介している。これに続いて、AirPods Pro対応の製品も登場した。

 AirPods Proの登場時に大きな話題になったが、AirPods Proのイヤーチップは少々変わった構造になっている。一般的なイヤホンでは、耳に入れる部分が少し細く飛び出しており、ここにイヤーチップをかぶせる。一方、AirPods Proにはそれがない。代わりにイヤーチップ自体をカチッとイヤホンにはめ込む構造になっている。

AirPods Proに純正イヤーチップをはめたところ

イヤーチップを外したところ

 この溝は極めて浅いのだが、はめ込む際には気持ちいい手ごたえがあり、癖になるような感触がある。一方で、特殊な構造なので、純正以外のイヤーチップを使うことが難しい。そんな中、SednaEarfit XELASTECのAirPods Proバージョンでは、純正イヤーチップにはない装着感を提供するため、独自開発のアダプター(Acoustic Mounting Adapter)を開発。これにXELASTEC独自の傘を組み合わせる構造にして、イヤーチップ交換を可能とした。

 記事執筆のため、サンプル品を入手できたので、音質の変化やフィーリングについて紹介していこう。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン